保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

留学をお考えの方へ

私自身が留学を決めたとき、カナダで保育士として働くことになるなんて思ってもみませんでした。

日本では、日本人が保育園・幼稚園で先生として働いていることが当たり前で、外国人 が、 英語の先生としてではなく普通の保育士として働いている姿を見たことが無かったからだと思います。

カナダは多民族国家です。保育現場だけにかかわらず、さまざまな職種で日本人だけでなく色々な国から来た人たちが 働いています。

それだけ様々な人種がいるからこそ、日常的に文化の多様性を受け入れる環境にあり、外国人を特別な存在だと認識しないでよい環境が出来ているのかと思います。

保育園のおもちゃ一つを取っても、白人・黒人・黄色人種の赤ちゃんと様々です。

宗教も違う、家と保育園で使う言葉も違う、家族によってはお母さん2人、お父さん2人の家庭など、とにかく多種多様な人達が、お互いを尊重し合い生活しています。

 

保育はもちろんの事、日本人のきめ細やかな感性や、仕事に対する姿勢は確実に外国で評価されます。

海外で保育を勉強するというとハードルが高く聞こえるかもしれませんが、日本以外の教育に触れる、また客観的に日本の良い所、悪い所をみられるというのは、素晴らしい事だと思います。

自分の留学〜保育士〜移民としての経験をもとに、これから留学される方のサポートをさせて頂ければと考えております。

 

 

お気軽にお問い合わせフォーム又はメールにてご相談下さい。