保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

先生をつねったり、傷つけてしまう子供の対処法

今日は、私の友達の保育士の1人から相談を受けある男の子を見に行きました。その友達が働いているデイケアは最近出来た新しいデイケアで、外のプレイグラウンドも地面にウッドチップが使われていたり木の遊具があったりと新しくて素敵なセンターでした。

その男の子は、普段は楽しく友達とも遊べる子なのですが、テンションが上がりすぎてしまった時や、友達同士で上手くいかないことがあったりすると友達を叩いたり、つねったりして傷つけてしまうということでした。もっと問題なのは、その問題行動を止めに入った先生をつねったりして傷つけるため先生の腕にはつねられた跡や傷が残っていました。先生達もいろいろな方法で、その子の問題行動がいけないということを理解させようと努力していると話してくださいました。

私がそこに行ったときにも問題行動が起きたようで、先生の一人がその子を連れて本を読んだりするためのQuiet Roomと呼ばれる部屋に連れて行きました。その子は反省の様子はあまりなく、とりあえず先生に手を引かれるがままその部屋に入り中で先生が何を話していたのか外からでは聞きとることは出来なかったのですが、しばらくすると先生だけ出てきて、先生はその子にQuiet Roomに居るように指示していました。先生が指示したにもかかわらず、先生がその小さな部屋から出てきた30秒後には勝手に部屋を出ようとし、また先生に入るように指示されていました。

私なりに考えた解決策は、とにかく問題が起きたら止めに入り、暴れるようなら「今はまだ話が出来る状況じゃないから、まずは落ち着こうね」と静かにするための部屋に連れていき一人になりたいようであれば一人にさせて、落ち着いて話が出来るようになったら出てきてもらうか、それでもただ逃げ出そうとするようであれば膝の上において一緒に本を読んで話が出来る状態にもっていく。何が問題だったのか・どうやって起きたのか・そのとき自分は何をしようとしていたのか・そのときの自分の気持ちや相手の気持ちなどをゆっくり一緒に考える。そのとき先生は問題を一緒に解決するためにいるんだよという姿勢で、また同じような状況になった事を考えて、人を傷つけずに解決するにはどうしたらいいのか話しあうということを繰り返すしかないと思います。あとは、サークルタイムなどみんなが集まる時間に”Friendship(友情)”について話しあってフレンドツリーを作るのもいいと思います。壁に大きな木の幹を作り、友達とシェア出来た時や友達を助けたときや、何か友達に対していい事が出来たら紙で作ったリンゴに”どんな良い事をしたのかとその子の名前”を書いて友達の木を作り、みんなが集まる時間に読みあげて、拍手をしてあげたりして何か良いことをするきっかけを作るのもいいと思います。

他にも何かいい方法があればコメントの所に書き込んで教えて下さい。早くこの子が人を傷つけることをせずに問題を解決できるようになるといいなと思います。

3 件のコメント

  • nao より:

    >yuko
    久しぶり!もうすぐ実習に行くんやない??早いねぇ…
    今年で働きだして4年目やけど未だにGuiding & Caringは難しいよ。。。一人一人違うけんね。
    また近いうち連絡します!!
    >きらりさん
    アドバイスありがとうございました。子供がいらっしゃる保育士の方を見ると本当に尊敬します。園で子供達の面倒を見て、家に帰って自分の子供達の面倒を見るのは大変だろうなと思います。
    子供は家庭の変化がすぐに普段の生活に出るので注意が必要ですよね。お父さんが出張で家をあけているというだけで、情緒不安定になったりすることもあるのでお家の方と先生とコミュニケーションは大事ですね。この子の中にある何かをお家の方と先生が一緒に探して、解決していくのが一番の解決方法なんでしょうね。

  • きらり より:

    はじめまして。
    私は、現在保育士を日本でやっている2児のママです。
    まず、考えられるのは家庭状況はどおでしょうか??
    子供は家庭でのストレスが何かしら信号でだしてきます。
    男の子の目の奥、心の奥までじっくり見て、家庭での協力が必要ならお家の方にきちんと伝えて保育園と一緒に頑張ってみるはどおでしょうか??
    家庭が不安定だと行動に出てきたり、体調不良になったり・・
    先生とのコミュニケーションがうまくとれなかったら、周りのお友達に危害を加えたり、陰険になったり・・・とさまざまですが信号が必ずあると思います。
    お役に立てるか分かりませんが、ご参考までに。
                           きらり

  • yuko より:

    久しぶり〜!ゆうこです。
    今ね、学校でちょうどGuiding & Caringのコースだから色々と考えさせられたよ。
    その男の子は上手く言葉で友達に説明できないんだろうね。。。
    フレンドツリーってすごく良いアイデアだね!
    そういえば、Observationで行ったデイケアでも一人の女の子が、その男の子と同じようで先生がすごく悩んでたよ。
    先生もその女の子のObservationしてて、何回も問題が起きたときに女の子に話を聞いたり説明したりしてた。
    サークルタイムでも傷つけるとはどういうことかを皆に説明してたり、先生たちで集まって何度もミーティングしてた。
    私には女の子は、他の子供を力でコントロールしようとしてるように見えたよ。
    あと傷つけるってどういうことか理解してなさそうだったな。
    早くその男の子がお友達と仲良く遊べるといいな☆

コメントを残す





Facebookを使ってコメント