保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

KidsBooksワークショップ行ってきました!おすすめ英語絵本など

kidsbooks workshop  kids books workshop recommended books

kids recommended books  todd parr feelings flash cards

KidsBooksワークショップ行ってきました。今回はワークショップのテーマが”感情・友情・フェスティバル”の3つで、そのテーマの中でオススメの絵本を紹介してもらうというものでした。3年前から始まったワークショップに3年連続で出た感想としては、去年・一昨年の方がもっとたくさん面白い本を紹介してくれたような気がします。。。私の一番好きなワークショップなので期待しすぎたというのはあると思います。

左上の写真は店内ワークショップが始まる前の写真で、右上は今回オススメ絵本として紹介された絵本です。左下の写真の絵本2冊は私が購入したもので、”A Sick Day for Amos McGee by Philip C. Stead”と"Jungle BuLLiEs by Steven Kroll"です。

1冊目の”A Sick Day for Amos McGee by Philip C. Stead”は動物園の飼育員のおじさんと動物達のお話で、毎日愛情をもって動物たちのお世話をするおじさんがある日病気になって動物園に現れません。心配になった動物達がとった行動は・・・・?(お楽しみw)とにかくイラストが綺麗でBest Ilustrated Children's book 賞も取っています。ほのぼのとしたイラストにほのぼのとしたストーリーです。良い絵本には必ず付いているゴールドメダルのシール付きです。

2冊目は”Jungle BuLLiEs by Steven Kroll”ジャングルで起こったいじめのお話です。ある日カバが水浴びをしていると自分よりも大きなゾウが「そこをどけ!」といいます。ゾウは自分よりも大きいので渋々水から出て、どこかくつろげる場所を見つけます。見つけたのは自分より小さなライオンのいる所でした「そこをどけ!」ライオンは自分より大きなカバに言い返すことが出来ずに別の場所を探します。追い出された動物達は自分より小さな動物を探し、その小さな動物はもっと小さな動物を探し・・・ところがお猿さんのお母さんは子供の猿に耳元でこうつぶやきます「命令するのはやめて。2人でも十分なスペースがあるでしょ。もういじわるするのは止めて。と言ったらいいよ」小さな動物は、さっき場所を奪われた、自分より少し大きな動物に、その動物は自分より大きな動物にこの言葉を伝えていき・・・と最終的にはみんなで楽しく水浴びをするという話です。シェアリングを子供達に教えるにも良い絵本だと思います。

最後は右下のフラッシュカード。私の大好きな絵本作家のTodd Parrの鮮やかなイラストで描かれたカードです。色々な種類の感情が対語で載っています。(例えば表には”Happy”裏は”Sad”)個人的にはこのフラッシュカードが一番気に入っています。

去年紹介された本<オススメ!>

”The Earth Book” http://youjieigo.com/blog/2010/04/422earth-day.html

”What the Ladybird Heard” http://youjieigo.com/blog/2010/04/what-the-ladybird-heard.html

もう1冊オススメ大本命の本を紹介し忘れていたようなのでまた今度紹介します。

2 件のコメント

  • NAO より:

    ブログ見ていただいてありがとうございます。
    春から保育士として働かれるんですね!日本でも海外でも保育士として働くことは子供の一生の大事な時期に関わるということで、大変な事もありますがその分やりがいのある仕事なので一緒に頑張っていきましょう!

  • mami より:

    絵本すごくいいなと思ったので思わずコメントしちゃいました!突然のコメントすみません。NAOさんのブログのファンでいつも見てます!春から保育士になるのでNAOさんのように子どもたちと接することができたらなあと思ってます。将来、海外の子どもたちとも接してみたいと思っているのでまた勉強させてください\(^o^)/

コメントを残す





Facebookを使ってコメント