保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

カナダでナニー(オーペア)として働く・または移民を考えている方へ

ナニー(Live-In Caregiver)というのは家に住みこみ、そこの家に雇われる職業で、両親が共働きで子供のお世話が必要な家庭や老人のいる家でお世話をする仕事のことを言います。

主な仕事内容は、子供のいる家では、学校や習い事の送り迎え・家でのお世話・家事、老人のいる家では介護になるので食事のお世話から買い物・掃除などです。ただ雇用主である家庭と話しあって仕事内容は決めていくことになるので様々です。

カナダにはナニープログラム(The Live-In Caregiver Program)というものがあり条件を満たせば、ナニーとして就労ビザを取ることができます。ナニーとして2年間働いた後は永住権取得も出来ます。

<条件>

・雇用主である家庭が賃金・労働条件などをまとめHRSDCにLMOの申請する

・就労ビザの申請書と一緒に雇用主・労働者のサインが入った契約書を有する

・高校卒業以上の学歴を有する

・6カ月以上の当分野の専門コースを修了しているか、過去3年のうち1年以上ナニーとして働いた経験または関係のある仕事経験(1つの雇用主に6カ月上)

・英語・フランス語学力(1人で職務を遂行できるだけの学力)

この条件を満たせば、就労ビザが取れます。ビザを取って2年間住みこみナニーとして働けば、移民ポイントなど関係なく永住権が取れます。

給料などは雇用主である家庭によって変わってきますが、住みこみなので給料の中から家賃として家に支払うことになります。(多くの場合は、その値段を差し引いてお給料をもらいます。)労働時間はフルタイムなので一日7~8時間程で基本的に土日祝日は休みです(家族のスケジュールにもよります)。時間外にベビーシッターを頼まれたりすることもあるようですが、その時はきちんとお給料に上乗せされます。ただ、家に住み込むことになるのでオンとオフの切り替えが難しいのが現実のようです。永住権を取るには2年間という長期で働くことになるので、雇われる家族と仕事内容が自分に合っているかを良く考えて始める必要があります。

永住権を取って移民になるには学歴・職歴・スキルなど移民ポイントで移民する方法とカナダに投資して移民する方法、カナダに必要な人材と認めてもらって移民する方法など他にも色々な方法がありますが、簡単ではありません。前にあげたものに比べるとナニーとして2年働いた後移民申請をして永住権をとる方法は確実で取りやすい方法のようです。ただ最近の就労ビザの変更により、カナダで専門学校や大学を卒業すれば、最大で学校に通った期間と同じだけの就労ビザが出るようになったのでナニー移民だけでなく他の方法での移民への道も開けてきました。カナダで永住権を取得したいが、住み込みで2年間ナニーとして働くのは向かないという人にも朗報ですね。

参考までに就労ビザの変更について:http://youjieigo.com/blog/2011/02/good-news.html

カナダ版オペア・ナニーの給料事情:http://youjieigo.com/blog/2012/01/post-129.html

3 件のコメント

  • NAO より:

    英語かフランス語どちらか1つで大丈夫です!

  • トモミ より:

    再びすみません。トモミですが、語学はフランス語も必須なんでしょうか?どちらか一つではだめなんでしょうか?

  • より:

    はじめまして!来年ワーホリでバンクーバーに行く予定です。現在、保育士として障害児施設で働いているので、そちらでもオーペアを利用して保育をさせていただきたいと考えています。できれば、障害児のお世話をしたいのですが、、。英語は、中の下ぐらいだと思います。何か、情報がありましたら教えてほしいです。よろしくお願いします。

コメントを残す





Facebookを使ってコメント