保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

コケコッコー!全然違う 英語での動物の鳴き声

kids animal toys.jpg

私が現在働いているのは、Infant & Toddler centre と呼ばれる、0-3歳までの子供たちのケアをするデイケアす。

生まれて数ヶ月しか経たない赤ちゃん、

立って、歩くことが可能になって、新しい世界に、毎日興奮の1歳児、

言葉が、より発達しはじめて、コミュニケーションが広がっていく2歳児、

少しずつ、自立心が芽生えてくる3歳児、

日々、忙しく、楽しく、働いています。

 

0、1、2、3歳児、どれもがユニークなのですが、

一つ、共通して言えるのが、みんな、”音”に興味津々。

音楽や、歌はもちろん、動物の鳴き声を真似をするのが、大好きです。

 

今回は、英語での動物の鳴き声を、いくつか紹介したいと思います。

いぬ   「bow-wow(バウ ワウ)」 「woof(ウーフ)」 「ruff(ラフ)」

ねこ   「meow(ミャーウ)」

うし    「moo(ムー)」

うま    「neigh(ネーイ)」

ひつじ   「baa(バー)」

ぶた    「oink(オインク)」

ねずみ  「squeak(スクウィーク)」

にわとり(オス) 「cock-a-doodle-doo (コッカ ドゥール ドゥー)」

かえる   「ribbit(レベッ)」

へび    「hiss(ヒス)」
 

日本語と似ているもの、似ていないものがありますよね。

 

私がECEを勉強しているときに、ボランティアをしていたデイケアで、

「日本語では、にわとりは、どう鳴くの?」と、聞かれ、

「コケコッコー!」と言ったら、大人も子供も、笑っていました。

 

他の国の言葉では、どういう風に、動物たちは鳴くのでしょうか?

今度、同僚たちに聞いてみたいと思います。

by マユモ

コメントを残す





Facebookを使ってコメント