保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

カナダの幼稚園就職にはコネが大事

 

前まえから、コネの凄さを実感していた私でしたが(初めての就職先は実習先、今働いている所も、前のボスがオープンを手伝ったプリスクール)、また凄さを実感しました。

 

ちょうどクリスマス頃、今働いているプリスクールが今年のスクールイヤーが終わる6月末までで閉めることに決まったという風に伝えられました。古い教会の中にあるので、もともと半分くらい取り壊して新しく施設を立てる計画があることは聞かされていましたが、子供の人数も少ないので閉めるのを早めたようです。

”あぁ、また仕事探しかー”

と思っていました。とは言っても、仕事の求人は結構あるのでそこまで心配はしていなかったのですが。

 

そしたら先月、たまにサブの先生として働いている乳幼児デイケアの人から(友達が働くデイケア)、1人先生が辞めるので興味があるようであればと連絡をもらいました。2月からのフルタイムポジションだったので、今働いているプリスクールを辞めるのは・・・と思い断りました。それでも、仕事を探すということになったらまず最初に私に教えてね!と言って頂き)

 

今度は昨日、前働いていたデイケアのボスから

”6月末までで、今のプリスクール閉まるんだよね?産休に入る先生の代わりに5月中旬から働かない?”

という電話をもらいました。パートタイムで時間も調節出来るようなので、6月末までプリスクールと掛け持ちして働き、それからはここで働こうかなと思っています。

かなりあっさり、失業の危機を乗り越えました。

人気者なのかなと勘違いしてしまいそうですが、やはりコネクションが大事なようです。

●過去の記事カナダはコネ入社が多い!?希望する仕事の見つけ方

コメントを残す





Facebookを使ってコメント