保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

感情のコントロールが上手く出来る子を育てるために

幼児に限らず大人にとっても、感情のコントロールは難しいですよね。

大人ですら自分の中にある火山が噴火して相手を傷つけるようなことを言ってしまったり、イラっとした態度を出してしまったり。

人間関係の経験が少ない子供にとって感情のコントロールは大人以上に難しいものです。

自分の思い通りに行かないと”わーーーー”っと大声で叫んだり、泣いたり、叩いてしまったり。

小さな頃から人間誰でも様々な感情があるということを理解し、抑えきれない感情が込みあげてきたとき泣き叫んだり、誰かを傷つけてしまう方法以外の対処法や、友達と上手くコミュニケーションを取るためにどうしたらいいかを一緒に考え、実践することで感情のコントロールが上手く出来る子供に育つのではないかと思い日々試行錯誤しています。

今日はEmotion(感情)テーマの中でもわかりやすい”Happy”について子どもたちに理解してもらえるようなアクティビティーを考えました。

まずは子供たちに質問。

"どういうとき嬉しいって感じる?"

子供 ”ママがハグしてくれたとき” ”友達が一緒に遊んでくれるとき” ”アイスクリームを友達と食べるとき” etc…

たくさん回答してくれました。

”じゃあ、今度はどうしたら友達やまわりの人に嬉しいって感じてもらえると思う?”

子供 ”ハグしてあげる” ”友達を助ける” ”おもちゃをシェアする” etc…

”愛のこもったスペシャルなカードをあげたら嬉しいかな?”

Friendship Special Cards

IMG_3296.jpgハート型に切った紙を準備”We love you♡”とだけ書いておきました。

子どもたちに1枚だけシールを選んでもらい、その上にはってもらい準備完了。

箱の中にみんなの名前が書かれた紙を準備しておき、一人ずつ1枚引いてもらい、紙に書かれた名前の友達にこのカードを渡すという簡単なアクティビティー。

♪♪♪”Whose name is in the box? Whose name is in the box?”♪♪♪

箱から名前の書かれた紙をひくことで友達同士の名前を読む練習にもなり、カードを渡す側も渡される側もハッピーな気持ちになれるお勧めのアクティビティーです。

まわりの人を幸せにすることで自分も幸せになるということが少しでも伝わればいいなと思います。

来週はコントロールするのが難しい"Angry"について子どもたちと一緒に考えていく予定です。

コメントを残す





Facebookを使ってコメント