保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

私が思うデイケアとプリスクールの違い

先週でプリスクール+デイケアの掛け持ちが終わり、今週からデイケアだけで働いています。

プリスクールとデイケアの違いは?と聞かれると、デイケアは日本で言う保育園、プリスクールは幼稚園という風に説明します。その通りで間違いは無いと思うのですが、プリスクールとデイケアの違いをまとめてみました。

 

デイケア

●朝7時半〜夕方5時半・6時まで開いている所が多い。

●ほとんどの家族が共働き。

●1日中子供たちと過ごすので、子どもと先生の距離が近くなる。

●プリスクールの要素(サークルタイムなど学ぶ時間)+保育なのでお得な感じ。

●子供たちにとってはデイケアに居る時間が長い為、サークルタイムやアクティビティーなどで集中力が落ちることがある。

●おむつ替えやトイレトレーニングも家族と一緒に協力することが多くなる。

●夏休みなどは無く、クリスマス時期などを除き一年中開いている。

 

プリスクール

●午前クラスと午後クラス、また年齢でもクラスが分かれている所が多く、1日3時間程度の所が多い。

●お母さん・お父さんどちらかが働いていない、またはパートタイムで働いている家族が多い。

●”先生”と”生徒”の境界線がはっきりしている。

●子供たちは1日3時間程と短い時間なので、だらける事無くアクティビティーに集中する。

●先生達にはプランニングタイムと呼ばれるプリスクールが始まる前や終わった後にサークルタイムやアクティビティーをプランするための時間が設けられている為、カリキュラム立ての時間がきっちりともらえる。

●トイレトレーニングが出来ていることが入学条件の所がほとんどなのでオムツ替えが無い。

●夏休みがあるので、場所によっては夏休み中給料無しになる場合もある。

 

まとまりなく、思いついたことを書きました。。。

 

どっちで働くのが好きか?

 

聞き分けのいい子が多いのはプリスクールなので、そういった面ではプリスクールになびきそうですが、子供たちともっと仲良くなれたり、成長を一緒に喜べるのはデイケアなので甲乙付けがたいです。

先生達が活きいきと笑顔で働いていると、子供たちも自然と笑顔になり色々なことを吸収してくれます。プリスクール・デイケアどちらにしても、一番大事なのは働く環境なのかもしれません。

とりあえず1年間は産休に入った先生の代わりにデイケアで頑張ります!

2 件のコメント

  • yuna より:

    更新されるのをいつも楽しみに見ています!
    保育園=preschool表記だと思っていました。でも、日本の保育園だと完全にデイケアなんですね!
    Nursery Schoolもよく聞くのですが、デイケアとなにが違うんですか?英語で履歴書を書く場合、保育園のことを書きたいときは、○○daycare centerと○○nursery schoolとでは、どちらが正しいのでしょうか?あと、保育士は英語でなんというのでしょうか?nursery school teacherやら、daycare center teacherやら、childcare workerやらいろいろあって、本場では何というのかなと疑問に思いました。

    • nao より:

      いつもブログ見て下さってありがとうございます。Preschool=Nursery Schoolは同じ意味なのですがカナダではNursery Schoolと呼ぶことは殆ど無いので国によって違うのかもしれません。保育園を言う場合は、○○daycare でいいと思います。保育士は英語でEarly Childhood EducatorやChildcare Workerと呼ぶことが多いですが(これも地域によって少し違います)少しラフな印象になりますがDaycare TeacherやPreschool Teacherでももちろん通じますよ!

コメントを残す





Facebookを使ってコメント