保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

Infant Daycare(乳児保育園)見学

ubcdaycare

UBCという大学の敷地内にある乳児保育園に見学に行きました。

ここは、前回の記事でご紹介した日本人保育士さんの1人が働く保育園で、18ヶ月までの乳児のための施設です。

最大10人を5人の先生でお世話しているそうです。

BC州の場合、先生(Infant/Toddler Educator)1人:36ヶ月以下の月齢の子供4人以下と決まっているのでだいぶゆとりのある割合ですね。

以前ブログ

カナダのカレッジで保育を学ぶ学生に聞く10の質問

でご紹介させてもらった方がサブの先生として働いている保育園でもあります。インタビューさせてもらったときは、学生でしたが、今では先生として活躍中です!

子供のペースに合わせた保育を行っている所で、決まったスケジュールが無く、子供のペースで食事や昼寝をするそうです。

IMG_6273天井からは傘や木の枝が吊るされてあり、自然の光が入る柔らかな雰囲気です。

IMG_6256トイレには子供たちのオムツ入れがありました。至るところに籐のカゴが使われており、温かみのある雰囲気を出していました。

IMG_6260子供たちに人気のテーブル、シュレッダーされた紙が入っています。この中に入って遊んだり、紙の下に隠れた玩具を探したり、思いっきり散らかして遊べそうです。しかも紙なので、散らばっても簡単に掃除出来そうなのがいいですね!

IMG_6270こんな物も発見しました!髪の毛用のカーラーです。子供の髪にチョンとのせて、アレ?アレ?どこに行った?と頭を動かしていると落ちてくる、人気の玩具だそうです。子供は玩具じゃないものが好きだったりしますよね。私も娘とやってみようかな。

IMG_6269これはアイディアグッズ!名前の書かれた洗濯バサミです。子供の脱げた靴下や落とし物が誰のものかすぐわかるように洗濯バサミで止めておくそうです。

IMG_6275窓から外を眺めていると、すぐ側にリスが来ました。自然豊かで、森の中にいるような園庭

IMG_6263

IMG_6266

”のんびりとしていて、仕事をしている感じがしない”という先生の言葉が印象的でした。

静かで自然豊かな環境は、子供たちにとっても先生にとっても理想的な環境ですね。

 

コメントを残す





Facebookを使ってコメント