保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

アメリカのオペアについて!サポートも始めました!

IMG_4144-1-e1464222708811

こんにちは。youjieigo.comのNaoです。

オペアの斡旋をされている日本オーペア情報センターWorldAupairinJapanという会社の方からご依頼をいただき、日本からカナダの保育を視察に来られた日本人保育士さんに、カナダの保育についてお話をさせていただく機会をいただきましたのでその様子を紹介させたいただければと思います! 一時間半程度の会でしたが、質疑応答ベースでお話をさせていただいていく中で、自分自身の中でもカナダと日本の保育についての違いがより明確に見えて来たという感じがしました。

やはり自分の考えを外に出すというのは、頭のなかを整理するのにとても良いなと感じました。貴重な機会をいただきありがとうございました!

さて日本とカナダの保育の違いについても色々と書きたい事があるのすが、今回はそのオーペアについて。

このブログでも多くの人からオペアについてお問い合わせや、オペアをされている方からカナダへの渡航についての相談をいただくので色々と質問をしたり、自分で少し調べてみたりしました。

海外の家庭で、住み込みで子供の面倒や家事の手伝いをしながら有償で滞在するシステム。 保育料の高額化や、子供に異文化を触れさせたいといった理由で多くの家庭が利用している。 オペアは滞在中に学校に行く事も可能。

 

オペアになるには何が必要?

  • 英語力(ファミリーの指示がわかるレベルの英語力、中学校レベルがわかればOK)
  • 年齢:18〜26歳(アメリカの場合)
  • 英文健康診断書 オペアを行なう上で、身体的にも精神的にも健康であることが条件となります。健康診断の費用は約1万円程度、受講してから1週間程度で結果がとどきます。
  • 運営組織との英語でのスカイプインタビュー。英語力のチェックと本人のやる気を聞かれます。
  • バックグラウンドチェック 無犯罪証明、家族以外の人からの3通の推薦状、学歴証明、パーソナリティープロフィール 

※パーソナリティープロフィールとはAu Pairを行なう為の適正診断心理テスト的なもの。
※アメリカの場合は車の運転免許も必須。

 

オペアのいいトコロ!

最大で2年間の滞在が可能! 12ヶ月の滞在の滞在後、最大でもう12ヶ月延長する事が可能! 事前トレーニングとして3日間程度のトレーニングとして受けられるので、慣れない海外で子供をみるのは不安という方安心。

学校にも通える! アメリカで学校に通えます!友達を作ったり英語の勉強をしたりに利用してください。せっかくのアメリカ滞在ですので、しっかり英語の勉強もして下さい。

 

Au pairで働く上での制限と例外

 3ヶ月以下の乳児がいる場合は、家に責任者となる大人か、両親のどちらかが常にいないとAu Pairとして入る事が出来ない。 2歳以下の子供をみる場合、書類で証明することので出来る乳児ケアの経験を200時間以上提出出来る人に限る(アメリカで需要があるのはこの年齢です。) 子供に障害があると両親が認識している場合、障害児ケアをした事があるAu pairのみ可能です。

 

今までも多くの方からお問い合わせをいただいていたアメリカのオーペアですが、 調べてみるととても興味深いプログラムだと感じました。 特に海外に出て子供と関わりたいけど、費用が問題という方にはとても嬉しいプログラムですね! 滞在中はお小遣い(月に10万円程度)ももらえるという事なので、オペアでお金を貯めた後にカナダ留学に来るがいるというのも納得です! またすでにバンクーバーにいらっしゃる方で、もう少し海外にいたい、アメリカも経験してみたいという方にもとてもオススメだと思いました。英語力も問題ない、カナダで保育園もランティアを積んだので経験時間もクリアという方もたくさんいらっしゃると思いますので、帰国前にアメリカでもう一年滞在したい!と思われる方はぜひご検討下さい! 日本のオーペア専門会社、アメリカのオペアエージェントと協力をして、私達もオーペア参加希望者のお手伝いをする事にしました! ご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい!

コメントを残す





Facebookを使ってコメント