保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

”冬眠”を幼児に楽しく教える方法

秋も深まりリスがどんぐりを集めだしたこの時期にぴったりの”Hibernation(冬眠)”をテーマにワークショップをしました。

フェルトで作った冬眠する動物のゲームや体を動かしながら歌える歌などをご紹介します。

 

冬眠テーマだけでなく、いつでも読んで欲しい子供ウケ間違いなしの英語絵本

The Very Cranky Bear

The Very Cranky Bear

by Nick Bland

洞窟の中で静かに眠りたいクマさんと、しまうま、ヘラジカ、ライオン、羊のお話です。

ある雨の日、しまうま、ヘラジカ、ライオンと羊が遊ぶのにぴったりな洞窟を見つけます。

そこに誰か居るとは知らずに遊んでいると、中から・・・

”ROAAAAR!!!!!!!”と怒ったクマさんが出て来ます。

急いで逃げて、どうやったら中に入れてくれるのかを話し合うのですが、それぞれの動物の考える可愛いアイディアに読みながらクスッと笑ってしまう、そんなお話です。最後のさいごに、羊の優しさ溢れる行動でクマさんの心もほぐれるのですが一体何をしてあげたのでしょうか?

是非手にとって読んでみてください。一回読むと買って何度も読みたくなるような絵本です。

 

冬眠を手作りフェルトのゲームで楽しく教えよう!


<ゲーム方法>

  1. フェルトの木や洞窟などの裏に動物を隠しておく。(子供の年齢に応じてヒントとして尻尾や耳が見えるようにしておいてもOK!)
  2. 子供達にヒントを出しながら何の動物が隠れているのかを当てていくゲーム。

例”ここの穴で冬眠している動物はなんでしょう?”

 ”長いお耳で、ぴょんぴょん飛ぶよ”

 ”うさぎ!”

 

[アレンジ色々]

あらかじめ動物を出しておいて、

”それぞれの動物はどこで冬眠するかな?”

と進めて行ってもいいですね!

 

グループタイムにみんなでやると楽しい冬眠ゲーム


<必要なもの>

  • ブランケット

(Where is thumbkinの曲に合わせて)

Walking Walking.. Walking Walking…..Walk Walk Walk..Walk Walk Walk…

Walking Walking Walking… Walking Walking Walking…

We are bears! We are bears!

 

<ゲーム方法>

先生はWalking Walkingと歌い歩きながら子供達の周りをまわります。歌の最後の”We are bears!”で子供達はみんな冬眠するクマになって丸くなって寝たふりをします。その間に先生は子供1人をブランケットで隠し、それ以外の子供達はだれが洞窟(ブランケット)の中で寝ているのかを当てるゲームです。

 

体を動かして歌ってテディーベアになりきろう!


 

Teddy bear, Teddy bear

Teddy bear, Teddy bear, turn around.

Teddy bear, Teddy bear, touch your nose

Teddy bear, Teddy bear, turn off the light

Teddy bear, Teddy bear, say goodnight!

[アレンジ色々]

Teddy bear, Teddy bear, touch the ground
Teddy Bear, Teddy Bear, reach up high
Teddy Bear, Teddy Bear, wink one eye,
Teddy Bear, Teddy Bear, slap your knees,
Teddy Bear, Teddy Bear, sit down please.

 

冬眠する動物のテーマいかがでしたか?”Hibernation”と聞くと幼児に教えるのは難しそうと思われるかもしれませんが、今回のようなゲームや歌などで楽しく学ぶと、子供達はすぐに吸収してくれると思います。是非お試しください!

 


ワークショップの詳細

  • 参加費::$5(ホイクペディアのFacebookページに「いいね!」で無料)
  • 開催場所:#728 602 W Hastings St(COSオフィス内のミーティングスペースにて行います)
  • 日程:毎週火曜日午後5時45分から1時間ほどを予定しています。(午後6を過ぎると会場のあるビルに入れなくなるのでご注意ください)
  • 持ち物:ワークショップに使用する教材などは、全てこちらで用意しております。
  • 定員:5名。

お申し込み方法はこちらのCOSカナダ留学サポートデスクよりお願いします。


 

コメントを残す





Facebookを使ってコメント