保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

カナダの幼稚園・保育園の一覧

海外保育:巻き寿司を作ろう!

making SUSHI with kids  making SUSHI with kids

子供達と巻き寿司を作りました。ジャパニーズレストランが数えきれないくらいあるバンクーバーなので、子供達もSUSHIが大好きです。本当はカナダでよく見かける外側がご飯で内側が海苔のカリフォルニアロールを作ろうと思ったのですが、外のご飯にふりかける胡麻を忘れてしまい、日本風な巻き寿司を作りました。子供達は海苔が好きだったようで、私が目を離した隙にパクパクと食べていましたw。

カナダは色々な国からきた人が暮らしているので、食材も何でもそろい、小さい頃から色んな文化に触れることが出来るのでいいですね。

海外保育:サマースケジュールカレンダー

summer schedule calender   summer schedule calender2

7月と8月のサマースケジュールカレンダーです。夏になると子供達の集中力なども無くなってくるので、とにかく楽しむ事を目的に作られたカレンダーです。毎日色々な行事が組まれています。先週はサマーバイブルスクールが3日間あり、デイケアの子供達だけでなく近所に住んでいる教会に通う子達も一緒に歌を歌ったり、ゲーム、アート、スペシャルスナックを食べたりしました。(私のツイッターに写真を載せましたが70個パンダのカップケーキを作りました。)天気がいい日は外に簡易プールを出して遊びます。

来週の木曜日は”Cinnema Zoo”という移動動物園がデイケアに来て色々な動物を見せてくれるので楽しみです。なるべく写真を撮ってブログにアップ出来ればいいなと思います。他にもテディーベアを持ってピクニックに出かけるテディーベアピクニックやハワイアンデーなどなど楽しみな行事が目白押しです!私が担当のクッキングデーには子供達と一緒に巻き寿司を作る予定です。

Vancouver Carrier College生徒の評価

Vcc.JPG

今日は、バンクーバーキャリアカレッジというバンクーバーにある保育の専門学校から来た生徒の評価を明日までに仕上げないといけないので頑張ってやっています。

私のデイケアには常に1人~2人の生徒が実習生として居るのですが(どの学校も大体1つの実習が5週間でバンクーバー中の色々な学校から生徒が来ます)そのたびにエバリュエーションシートという評価の紙が10枚近くあり(今回のは8枚…)生徒がどのように実習していたかを評価するための大量のチェックリストとコメントを書く欄があり、人を評価するのが苦手な私には結構な仕事です。。。同僚の先生と順番で実習生を担当するので、今まで何度も私の番がやってきてその度やってきたことですが相変わらず苦手です。

人を評価・指導するのは難しいことだなとつくづく実感しています。私が実習生として保育の現場に立った頃(4年前今の職場が実習先で、私を担当してくださった先生が今の同僚です)を思い出し、今考えると本当に未熟者で上手く出来ることの方が少なかったのに、やる気をなくせるような言葉は一つも言われたことはなかったし、上手くいかなくて落ち込んでいるときは励ましてくれたり、上手く私の間違いを指摘してくれたりと、私自身の頑張ろうという思いを後押ししてくれていたから今の自分があるんだと思い、私もそんな風に上手く指導できる先生になりたいなと思っています。

どうやったら生徒に足りない部分、マイナスの所を上手くプラスの表現で伝えられるようになるんだろう・・・。これは子供の保育のときにも思うことで”~したらダメ!(例:室内で走ったらダメ)”という所を”~しましょう!(例:室内では歩きましょう)”と言われる方がポジティブで子供の脳にも伝わりやすいということは頭で理解しているものの、とっさになるとつい”~したらダメ!”という表現の方が先に出てしまうので未だ練習中です。

プラスの表現が自然と出てくるようになるには練習あるのみでしょうか。。。頑張ろう。。

子供のためのヨガ(Yoga for Children)

 

子供の為のヨガワークショップに行ってきました。私自身ホットヨガが好きなので、キッズヨガのDVDを買って子供達とヨガをしたりしていましたが今回ワークショップを受けて改めてヨガが子供にどういういい効果をもたらすかを勉強してきました。ヨガを交えながらのワークショップで、最後はヨガクラス同様みんな床に寝そべって身体全体の力を抜きリラックス。新たなヨガのよさを発見できるワークショップでした。

子供達がヨガをする利点としては、しっかりとした身体づくり(バランスづくり)、ストレス発散、集中力を養う、動くことと静かにじっとすることを学ぶなど色々とあります。バランスよく姿勢正しく立つことで身体の中の臓器も上手く機能します。ヨガは、大人・子供・身体が不自由な人関係なく無理をせず、自分が出来る所からスタートすればいいという事をおっしゃっていました。正しく呼吸することについてもお話され、大きく深呼吸というとお腹をへこませながら息を吸う人がいますが赤ちゃんを見て下さい。息を吸うとお腹がふくらんでいるはずです。正しく呼吸することで身体全体に酸素が行きわたります。まさにその通りですよね、脳のためにも正しい呼吸法で健康になりたいと思いました。

ヨガのポーズなどはブログで紹介するのが難しいので、私が使っているDVDを紹介します。

81JIL9W57IL._AA1500_.jpgこのDVDは子供達のためのヨガなので、1人のインストラクターの先生が子供達と楽しく・わかりやすくヨガを教えてくれます。身体全体をほぐすためのヨガから始まり、音楽が流れている間は思う存分身体を動かして音楽が止まったら”フリーズ!!”子供達も止まる。というゲームが盛り込まれていたりとDVDの中の先生と一緒にヨガをしてゲームをすることが出来ます。子供達のための楽しいポーズが満載のDVDです。

カナダ・バンクーバー保育情報センター(Westcoast Child Care Resource Centre)

DSC09054.JPG  nature setting for kids

DSC09059.JPG   nature setting for children

ブロードウェーストリート沿いにあるウェストコースト・チャイルドリソースセンターというところでワークショップがあったので行ってきました。ここでは、バンクーバー近郊の保育所に関する情報だけでなく保育士のための資料などがたくさん貸し出されており、保育士のための勉強の場であるワークショップも開かれています。

今回私が行ったワークショップはアボリジニーと呼ばれるカナダの原住民の人達の文化や古くから伝わる話を聞くというものだったのですが、話し自体は興味深かったのですが子供へのお話としては少し難しかったです。悪い事をした老女が山の奥に目隠しをして連れていかれて、怒った女が蛇をたくさん集めて村の子供をさらっていく・・・というような小学生以上の子供達向けの話しだったので。。。トーテンポールには意味があり、トーテンポールはそこに住む人がの歴史が刻まれているそうです。

ワークショップの休憩中にウェストコーストの中をうろうろしていたら1つの小さな部屋がありました。上の写真がその部屋の中にあったものを撮影したものなのですが、全て自然の中にあるものを籠の中に入れ並べられていて子供達が想像力を活かして遊んだりできるようにセッティングされていました。今日はセッティングされている部屋を見ただけでしたが、この自然の物をどう子供の興味を引くように準備するかなどを紹介してくれるワークショップがあるそうなので参加しようと思っています。

この写真だけでは伝わりにくいかもしれないのですがすごく素敵でした。こんな所で子供達の面倒を見れたらなぁー。