保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

カナダの幼稚園・保育園の一覧

私が思うデイケアとプリスクールの違い

先週でプリスクール+デイケアの掛け持ちが終わり、今週からデイケアだけで働いています。

プリスクールとデイケアの違いは?と聞かれると、デイケアは日本で言う保育園、プリスクールは幼稚園という風に説明します。その通りで間違いは無いと思うのですが、プリスクールとデイケアの違いをまとめてみました。

 

デイケア

●朝7時半〜夕方5時半・6時まで開いている所が多い。

●ほとんどの家族が共働き。

●1日中子供たちと過ごすので、子どもと先生の距離が近くなる。

●プリスクールの要素(サークルタイムなど学ぶ時間)+保育なのでお得な感じ。

●子供たちにとってはデイケアに居る時間が長い為、サークルタイムやアクティビティーなどで集中力が落ちることがある。

●おむつ替えやトイレトレーニングも家族と一緒に協力することが多くなる。

●夏休みなどは無く、クリスマス時期などを除き一年中開いている。

 

プリスクール

●午前クラスと午後クラス、また年齢でもクラスが分かれている所が多く、1日3時間程度の所が多い。

●お母さん・お父さんどちらかが働いていない、またはパートタイムで働いている家族が多い。

●”先生”と”生徒”の境界線がはっきりしている。

●子供たちは1日3時間程と短い時間なので、だらける事無くアクティビティーに集中する。

●先生達にはプランニングタイムと呼ばれるプリスクールが始まる前や終わった後にサークルタイムやアクティビティーをプランするための時間が設けられている為、カリキュラム立ての時間がきっちりともらえる。

●トイレトレーニングが出来ていることが入学条件の所がほとんどなのでオムツ替えが無い。

●夏休みがあるので、場所によっては夏休み中給料無しになる場合もある。

 

まとまりなく、思いついたことを書きました。。。

 

どっちで働くのが好きか?

 

聞き分けのいい子が多いのはプリスクールなので、そういった面ではプリスクールになびきそうですが、子供たちともっと仲良くなれたり、成長を一緒に喜べるのはデイケアなので甲乙付けがたいです。

先生達が活きいきと笑顔で働いていると、子供たちも自然と笑顔になり色々なことを吸収してくれます。プリスクール・デイケアどちらにしても、一番大事なのは働く環境なのかもしれません。

とりあえず1年間は産休に入った先生の代わりにデイケアで頑張ります!

海外保育:教室に室内キャンプ場を作りました

おままごとエリアを改造して、今度はキャンプ場を作りました。(少し前までキャンディー屋さんでしたが・・・)

IMG_3785.jpg

奥にテントを立てています。

手前の子供たちは魚釣り中です。今夜の晩ごはんになるようで、はりきって釣っていました 笑

IMG_3783.jpg

画用紙でキャンプファイアーも作りました。(ササッと作ったものなので、もう少し綺麗に作ればよかったなぁ・・・)

IMG_3786.jpg

白い棒にくっついている白い丸いものは何??

と思われるかもしれませんが、一応Roasted Mashmarrow(マシュマロ焼き)です。

カナダのキャンプといえば、Roasted MashmarrowとSmores(グラハムクラッカーに焼きマシュマロとチョコを挟んだもの)が定番中の定番なので置いてみました。

IMG_3790.jpg

こんなにたくさん集まってくれました。

明日はフェルトか何かでSmores用のグラハムクラッカーとチョコを作って置いてみようかな^^

消防署にフィールド・トリップ

IMG_3744.JPG

プリスクールのすぐ近くにある消防署に行きました。けたたましい音と共に消防車を外に出してくれました。

カナダではパトカー、救急車、消防車全てが、日本のものよりも豪快でもっと大きな音がするのですが、これだけ近くで聞くとその迫力に圧倒されます。

IMG_3747.JPG

1人ずつ運転席に座らせてもらったり

IMG_3746.JPG

後部座席に乗せてもらったり

IMG_3751.JPG

後部座席から見た車内。こんな風にモニターやボタンがたくさんあるんだなー。と私自身も夢中になってしまいました。

IMG_3758.JPG

消防士さん ”ここをWater hydrant(消火栓)に繋げて水をかけるんだよ”

IMG_3770.JPG

なんと、女性の消防士さんです!

消防士さん ”火事の中こういう格好の人が入って来たら怖いって思うかもしれないけど、逃げて隠れたりしないでね”

その通り。大事なことですよね。

しかもこの女性ファイアーファイター、この後ハシゴに登ってくれました。

IMG_3765.JPG

写真が暗くて見にくいですが(スミマセン・・・)、このハシゴの一番上に女性消防士さんが居ます。

30メートルくらいのハシゴに、命綱など何も無し。ただただ、どんどん上に上に登って行ってしまいました。

途中止まって子供たちの方を見て、耳に手を当ててココでイイ?のポーズ

子供たち ”MORE——-!!!!!” 

こういう光景を見るとカナダだなぁ〜としみじみします。

実際に見せてもらうまで、ハシゴは機械か何で自動的に登って行けるものだとばかり思っていました。。。女性消防士さん、カッコイイ!!!

保育士という職業ならではな貴重な体験をさせてもらった一日でした。

プリスクールとデイケア2つ掛け持ち

前にもブログに書かせてもらいましたが、今働いているプリスクールがもうすぐ閉まってしまうので、前の職場デイケアに戻ることになりました。過去の記事

今週から午前中プリスクールで働き、午後デイケア(前働いていた職場に戻りました)で働いています。プリスクールが閉まってしまう6月末まで2つ掛け持ちです。

ここのデイケアで働いていたのが約2年前、今はその頃居た子供の弟・妹達がたくさん居ます。(あの頃お母さんのお腹の中に居た子だよね?という子もいます)

兄弟でこんなに違うんだなぁなんて思ったり、お迎えのときに一緒に来た当時の子供たちの大きくなった姿を見て感動したりしています。

産休の先生の穴埋めなのでとりあえず1年間、ここで頑張ります♪

海外保育:Worm(ミミズ)は光が見えるかな??

IMG_3730.JPG

今日のサークルタイムにはミミズを準備しました。10匹くらい朝一から庭を掘って捕まえました・・・

まずはじめに今日子供たちに聞いた質問は

1.ミミズは音が聞こえるかな?

2.ミミズは振動を感じるかな?

3.ミミズは光が見えるかな?

子供たちの予想は・・・

1.1/3が No

2.1/4が No

3.全員 No

結果・・・

IMG_3734.JPG

鈴をミミズのすぐ近くで鳴らしてみました。特に反応なし。

ということは聞こえていないのかな?という結果になりました。

次に軽く振ってみました。

この時点で、子供たちの興奮度もかなり高くなってきました。パニックになると困るので

”手と太ももを”のり”でくっつけてー!(あとお尻にもね!) と前置きをして 

IMG_3724.JPG

ちょっと写真では分かり辛いかもしれませんが、かなりニョキニョキ動きはじめました。

容器から飛び出そうとするミミズも出てきて、普段なら絶対にイヤですが、素手で戻しました!

振動が加わると動き出すということがわかりました。

最後にミミズを真ん中に置いて、黒い布で容器の半分を覆って、

覆われて無い方に懐中電灯を当てて実験してみました。

IMG_3728.JPG

少し時間がかかるので、その間に絵本を読んでゲームをして

Wiggle Wormのゲーム

↑ここのページで見つけたゲームです。三角形や四角など形のカードとミミズのカードを一人ずつ引いてもらって、ミミズのカードを引いたひとは”Wiggly Worm!!!”と大きな声で言う。他のみんなはミミズの動きをして、先生が”Oh, no!! A bird!! Hide!! ”と言ったらすぐ元の位置に座るというゲーム。

子供たちに大ヒットでした!カードもこのページから印刷できますよ!

IMG_3733.JPG

ほとんどのミミズは暗い方に逃げて行きました。

ミミズには目がないけど、光は感じることが出来るとわかりました。暗いところが好きなんですね。

今回はじめてミミズに焦点を当ててサークルタイムを準備しましたが、面白いサイエンスアクティビティーになりました。