保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

カナダ移民申請の一覧

朗報:学校に通いながら働けるようになります!

Screen Shot 2014-02-13 at 2.51.10 PM

カナダ政府より、2014年6月から、認定を受けた私立カレッジの生徒も在学中にワークパーミット(就労ビザ)無しで週に20時間まで働けるようになると発表がありました。

これでアルバイトしながら学校に通うことが出来るので、留学がしやすくなりますね!保育士を目指す方にとっても、カレッジに通いながら保育所などでアルバイトが出来るのでその後の就職にも随分有利になります!

※MTIコミュニティーカレッジやSprott-shawカレッジも、もちろん対象です。

これからも留学生にとって朗報なビザの変更があると言われています。

詳しくはお問い合わせページからお問い合わせ下さい。

The Regulations also allow full-time students pursuing an academic, professional or vocational training program at a designated learning institution to work off-campus without a work permit. Off-campus work is allowed for up to 20 hours per week during the regular academic session and full time during regularly scheduled academic breaks. This represents time and cost savings to students who no longer need to apply and pay for a separate work permit and for CIC, as officers will no longer process off-campus work permit applications. This amendment replaces the existing program design, which requires study permit holders to wait six months after beginning their program of study before applying separately for an off-campus work permit.

Furthermore, in order to facilitate the transition to post-graduation work, these study permit holders may also work full time upon completion of their degree, diploma or certificate if an application has been made for a work permit prior to the expiration of their study permit and until a decision on the work permit has been made.

The effects of these amendments will be to exclude those students undertaking English or French as a second language (ESL/FSL) programs, or general interest or preparatory courses from the authorization to work under the off-campus work permit exemption or under the co-op work permit program.

カナダのカレッジで保育を学ぶ学生に聞く10の質問

コミュニティー・カレッジで幼児教育を勉強しようか迷っていらっしゃる方からメールを頂くことが多くなりました。ほとんどの方が不安に思っている英語のことなどを、今現在カレッジで勉強されている学生さんに聞いてみました。

 

1. 年齢は?

31才

 

2.   日本での保育士経験は?

幼稚園8年 

 

3.なぜ海外の幼児教育に興味をもちましたか?

Nao さんのブログを読んで

(ありがとうございます!!!)

 

4.   カレッジ前に語学学校に通いましたか?

はい。1ヶ月だけ通いました。

 

5.   入学前の英語力が不安という方が多いですが?やはり不安でしたか?

はい。不安でした。手続きのやり方も何もわからないし、受付の人に何とあいさつをすればいいのかもわからず、”初めての英会話一言辞典(?)“をお守りに持っていました。

 

6.   実際に入学してみてどうですか?

はじめの2週間ほどは課題が何かもいまいちわかっておらず、コースごとにもらうガイドラインも1時間かけて辞書をひきながら読みました。でも、1ヶ月を過ぎたあたりから先生の言っていることなら8割くらい理解できている自分に気が付きました。

 

7.   授業はどんな感じですか?先生や生徒のことなど

久しぶりに保育を勉強しなおせて学生気分が味わえて楽しいです。 先生の保育に対する考え方が意外と日本と似ていたりして興味深いです。新しいことも学べるし、今までの自分のやり方を見直すことも出来て、毎日の授業が新鮮です。

一番最初に受けた授業で、ゲイの家族(2人お母さん・2人お父さんの家族)への対応の仕方を真剣に話し合ったり、シングルマザーの割合が多いカナダでの保護者への対応は日本で学んだことがなかったので衝撃を受けました。

 

8.   苦労していることは何ですか?

全てが新しい環境なので生活や授業に慣れるのが大変でした。

 

9.   カレッジに入学前にこれをしとけばよかった!ということはありますか?

英会話

 

10.最後に海外の幼児教育に興味がある人に一言。

迷っているならやってみてもいいと思います。有意義になるかどうかは本当に本人次第です。

 

Yさん、ご協力ありがとうございました^^

海外で保育士・移民になる第一歩

昨日は、ブログで以前連絡を頂いた家族でカナダ移民を考えられていらっしゃる方の学生ビザを取るために、一緒にアメリカとカナダの国境まで行きました。

一番初めにメールを頂いたのが4月の初め、今から約3ヶ月前でした。

私が今まで会ったことのない位すごいキャリアをお持ちの方で、それを全部捨ててもカナダに移民したいということでした。

私の旦那が現地の留学斡旋会社をしているということもあり、それから色々と相談にのりながら連絡を取り合っていました。就職先の多さや移民までの期間、費用などを総合的に考え、保育士に進んで移民を目指すと、そのためにもポストグラジュエーション制度が終わってしまう前に入学する予定で準備を進められていました。

そんな矢先に、突然の私立学校へのポスグラ制度の適応が8月末まで入学者のみ、以降は廃止という決定。

日本のカナダ大使館の査証部の閉鎖。どどーんと突然立ちはだかった巨大すぎる2つの壁。。。

8月末までの入学を考えたときに、日本に居ながらビザ申請をしても健康診断の必要な保育関係の学校への入学はほぼ無理という状況になりました。

どうにかしなければ、移民の道が遠のいてしまう・・・。

とにかく他の方法を探さなければと、今まで提案したことの無い

カナダにビジタービザで入って来て、こっちで学生ビザへの変更をする。

という方法を伝えました。考えられる全ての方法の中で一番間に合う確率が高い。ただ絶対に取れるという保証はどこにもない。2人の息子さんが居る、仕事や学校が日本にあるご家族にいきなり、出来るだけ早くカナダに来て下さい。は現実的に厳しいだろうと思っていました。

ところが、その2日後。チケットを取る日にちを決めたという連絡、約2週間後にはカナダに到着されました。

あまりの行動力の凄さと、移民になるという断固たる意志、そしてまだ会ったこともない私達夫婦への絶対的な信頼を本当に強く感じ、どうにか移民までたどり着けるように出来るだけ協力しなければと思いました。

今回無事、学生ビザが取れて本当によかったです。

判断力と行動力のある人には、自然と結果が付いてくるんだと感じました。

これから先長い道のりですが、大きな一歩を無事踏み出せたことに安心と嬉しさでいっぱいです。

日本にあるカナダ大使館の査証部が閉鎖へ

またまた大変なことになりました。。。

本日、平成24年5月1日付けで在日カナダ大使館の査証部が閉鎖されることになりました。

ビザ申請や移民申請などが在日カナダ大使館では一切できなくなったので、代わりに全ての査証業務がフィリピンのカナダ大使館で行われることになります。

ビザ申請にさらに時間がかかるようになるかもしれません。。。

詳しくはこちらまで↓

在日カナダ大使館

どうやら本当のようです・・・。私立専門学校のポストグラジュエーションビザが廃止に

“The pilot will end on January 31st, 2013. International students accepted into programs of study at participating institutions after August 31st, 2012 will not be eligible to participate in the pilot. 



CIC will continue to process the Post-Graduation Work Permit applications of graduates from participating institutions that enrolled in eligible programs of study on or before the August 31st, 2012 deadline.”

 

昨日4月27日(日本時間:28日)に

ナダ市民権・移民省(CICCitizenship and Immigration Canada)から学校に連絡があったようで

今まで2013年1月31日までに入学した人が対象となっていた

私立専門学校(カレッジ)のポストグラジュエーションビザの発行が

2012年8月31日までに入学した者に短縮されました。

移民やカナダで就職するための近道の一つだったのですごく残念です。。。

まさか短縮されることになるなんて考えもしませんでした。

1月31日までに入学することを考えられていた方は急いで下さい!

2012年8月31日まであと4ヶ月程しかないのでビザ申請のことなどを考えると今すぐ動き出す必要があります。

 

質問などありましたら

nao@youjieigo.com

までメール下さい。

 

<BC州にあるポストグラジュエーション対象の私立専門学校(カレッジ)一覧>

Non-degree granting educational institutions approved for this pilot project include:

Degree-granting institutions with non-degree programs approved for this pilot project include:

 

<ポストグラジュエーションビザ関連の過去のYoujiEigo記事>

原発汚染による海外移住をお考えの方へ

カナダで保育士として働きたい方へ!移民を考えている方へ!GOOD NEWS!!!!

1 / 41234