保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育士になるためにの一覧

アメリカ・カナダの保育士は応急救護の免許を取ることが義務付けられています

kids eating hotdog2.jpg

この写真の男の子、ホットドックを食べようとしていますがこの子にどんな危険な状況が起こりうると思いますか?

 

保育士の方ならすぐに「喉に食べ物を詰まらす」という回答が返ってきそうですが、日常の生活の中で気をつけていても起こる事故や突然の発作など緊急の事態にどう対処するかは命にかかわる大事なことですよね。

アメリカ・カナダでは、保育士やリスクの高い職業の人には応急救護の免許を取ることが義務づけられています。カナダのバンクーバーでは、3年に一度の更新で、丸一日の講習を受けます。一方日本では、大学や専門学校の保育士・幼稚園教諭育成カリキュラムの中に心肺蘇生法講習を盛り込み、学生のうちに公的なライセンス取得する所もあるそうですが、多くの場合は応急救護を習うだけという現状です。

子供を預かる、命を預かるという点でも日本でも更新制のライセンス取得の義務付けをする必要があると思います。

 

今日は応急救護ファーストエイド(First aid)の講習を受けてきました。

私が3年前学生の頃に取った時は、St. John Ambulance[

http://www.sja.ca/Pages/default.aspx]という所に取りに行ったのですが、今回はデイケアに講師の方を招いて講習をして頂きました。

~講習のメインでもあったケーススタディ~

半分のグループに分かれ、半分は教室の外に出て準備が出来るまで待つ。残りの半分は心臓発作が起こったふりをする人、指を切り落としてしまったふりをする人、喉に食べ物を詰まらせてしまったふりをする人などに分かれ、教室の外に出た人を中に戻すと同時に演技を始める。教室に入って来た半分の人たちは、何が起こるかわからないという状況でどういう対処をするか、学んだことをどう応用させるか。自分なりの応急救護をした後、先生が間違った所などを教えてくれる。

というこのケーススタディーを繰り返し色々な状況にあてはめてしたのですが、理解していると思っていても間違っていたり、他の人の応急救護から学ぶものもたくさんあり、本当に勉強になりました。

子供英語の可愛いフレーズ

私の働くデイケアで3歳の男の子が口ずさんでいた言葉で、すごくいい言葉があったので紹介します。

”what's gonna work? teamwork”(力を発揮するのに必要なものは何かな?チームワークだね!)

これを繰り返し繰り返し言っていました。すごくいいフレーズだと思ったので

「いいフレーズだね!ママがよく言うの?」と聞いたところ、 Wonder Pets!というテレビ番組に出てくるそうで、YouTubeで探したらありました!

歌の最後の方に”what's gonna work? teamwork”

試しに、他の子に”what's gonna work? ”とふってみたら”teamwork!”と返ってきましたw

幼児期の子供達にとって、当たり前のことでも言葉に出して言ったり、歌の中で歌ったりすることは理解を深め

再確認するという点でもとても重要なことなので、このフレーズは色んな場面で使えそうです。

海外子供のしつけ方

kids5

7.jpg私が働くデイケアでは月に1回ミーティングがあります。
毎回この本(Positive Discipline)の1章を読んで、まとめたものをみんなで話し合います。

今12章あるうちの10章まで読んだのですが。日本語でも本を読むとすぐに眠くなる上に

英語で書かれたこの本は、開いた途端・・・当然ですが文字だらけ・・・私にとってそうとうチャレンジだなと思ったのですが、以外にも読みやすかったです。

1章ごとに最後に確認のクイズが出てくるので、自分が理解しているのかもよくわかる上に内容が日常こどもと接するときにありそうな困った出来事に、どう対処すればいいか。
また、そのとき子供はどう感じているのか。わかりやすく説明してあります。

~私なりに本から読みとったもの~

例えば。子供がお母さんにお菓子を買って!ととお願いしたとします。お母さんはいいよ。とすんなり買ってあげました。
子供はとても喜びました。

次の日子供はお父さんにオモチャを買って!とお願いしました。お父さんは、ダメ。と言って買ってくれませんでした。
子供は大泣き!!!!どう説明しても無駄!!!ただただ店の前で大泣き!!!!困ったお父さんはついに買ってあげることに決めました。
これって。ありえそうなシチュエーションですよね。

こんなときあなただったらどうしますか?

言うことを聞きなさい!!!と叱りますか?

先に行くからね!と子供をおいて歩き出しますか?

子供がすごく怒っているとき、
大人からみれば、何でわからないの?言うことを聞いてよ!
と思い、イライラすることもあるかと思います。

しかし、子供からすれば、消化しきれない気持ちを抑えきれなくて反発や怒りとして外に出しています。

大人の私たちも子供と一緒で

何か自分が正しいと思ったことを抑えつけられて、ダメだと言われたとき納得いかなくて反発したくなりますよね。

子供達が納得いかなくて泣いているとき

最初に泣いていた理由なんてどうでもよくて泣いていることも多々あります。
頭ごなしに。子供のいいなりになってはいけないと、ダメだと子供に言って、さらに子供を泣かせるのではなくてとにかく心を落ち着かせる方法を教えてあげてください。

「泣いて気持ちを表現するのはいいことだけど、心を落ち着けないと話はできないから、泣きやんで話ができる状態になるまで待つね。」
一緒に傍にいて泣きやむまで待つのもいいですし
一人がよさそうなら独りにして待ってもいいですし
とにかく。落ち着く。落ち着かせる。
そして話し合う。その時も、できるだけ理由を明確にし、子供の意見も聞いて尊重してあげてください。

と。これが私が本を読んでから実践で①番使っているテクニックです。
 

日本とカナダの絵本の持ち方の違い

3537507585_ab32bbb5_brown+bear.jpg


前回日本とカナダの絵本の読み方の違いで、絵本の読み方の違いを紹介しましたが、今日は絵本の持ち方の違いを紹介したいと思います。

日本の幼稚園・保育園の先生方は、子供たちに読んで聞かせるときどのように絵本を持っていらっしゃいますか?

わたしが聞いたところによると、日本の先生方は本の位置は変えず片手持ちで、そのままのポジションをキープしつつページをめくると聞きました。本をあちこち動かしながら読むのはよくないとされているようです。

カナダで私が習い、また多くの先生方がされている持ち方は片手持ち(これは日本と一緒ですね)日本と違うのは、本を子供達みんなが見えるようにゆっくり回しながら読みます。(子供たちが輪になって絵本を聞く機会が多いからでしょうか。)また、話の途中で子供のアテンションを引くために「このあと何が起こると思う!?」という質問と一緒に本をいったん閉じたりもします。

日本とカナダの絵本の持ち方一つを取っても、少しずつ違いがあっておもしろいですね。

日本とカナダの絵本の読み方の違い

hungry caterpilar.jpg

日本とカナダ両方で保育士の経験がある友達と話していたときに聞いた、絵本の読み方に関してとても興味深い話・・・

保育士のみなさん(小さな子供がいらっしゃる親御さん)はどのように子供に絵本を読んで聞かせていらっしゃいますか?

英語が第二言語の日本人の私が、カナダで保育士としてネイティブの子供達を絵本に引きつけるのには結構苦労しました。

いま私が実践しているのは

なるべく絵本の情景が目に浮かぶように風の音を口で出したり

会話の部分では声を変えてみたり

強弱をつけてみたり

子供達が理解しているか確かめるために色々と質問を混ぜてみたり

なのですが、紙芝居がある日本では絵本で感情を込めるのは間違っていると唱える児童文学者もいらっしゃるみたいです。

紙芝居では”芝居”なので感情を込めて読み、絵本では子供の想像力を養うためにも感情は抑えて読む。

カナダでは、絵本の途中にも”この先の展開がどうなっていくと思う?”といった質問を交えながら子供も一緒に参加させて絵本を読むのいがいいとされているので、この考え方は想像もつきませんでした。

子供たち大勢の前で絵本を読む際の本の持ち方にも違いがあるようなので、また次回紹介したいと思います。

10 / 11« 先頭...7891011