保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育士になるためにの一覧

移民申請完了!!!こんな風に終わりました。

IMG_2090.JPG

 

移民申請本当に時間がかかりました。当初の予定では1年で全部完了する予定が、結局1年10ヶ月。パスポートをLAオフィスに送ってから2ヶ月もかかりました!!

 

パスポートが返ってきたのでその日のうちに国境まで行き、Immigration officeへ。返ってきたパスポートと書類を持って行くと、

オフィサー「じゃあ、Flag Poleしてきて」

「フラッグ・・・ポー・・・ル???」

オフィサー「笑!ここでは国境をまたぐことをフラッグポールするって言うんだよ。アメリカ側まで行ってまたカナダに入ってきて。歩いて行く??車で行く?」

「えーと。歩いて行きます。」

歩いて国境をまたぐのは初めてでしたが、車が走る車道をトコトコと歩き(結構長かったので車で渡ればよかったと少し後悔しつつ。。)アメリカ側まで行って

アメリカのオフィサー「何しに来たの??」

「フラッグポールしにきました。」

アメリカのオフィサー「そうなの。移民のための?じゃあパスポート見せて。」(おお。フラッグポール通じたww)

アメリカ側で紙をもらい、カナダ側までまた歩いて戻り書類を渡して待つこと15分。カナックス(バンクーバーで大人気のホッケーチーム)の試合を見ながら待っていると名前が呼ばれて。

オフィサー「ココとココとココにイニシャルを書いて、ココにサインと日付を書いて。」

「はい。」

移民のことについて書かれた紙と小さなカナダの国旗をもらい

オフィサー「Congratulation!!!」

「わーい!終わった。ありがとー。」

と最後のプロセスは案外簡単に終わりほっとしました。

 

9月には移民が完了している予定でだったので、完了したらオーストラリアに1年ワーホリで行って保育士として働こう!

と思っていたのですが、蓋を開けてみればこんなに時間がかかってしまって。。。

色々考えましたが、結局カナダに残ることに決めました。また保育士として働くぞー!

ECEライセンス更新のためのワークショップ

ECEライセンスは5年毎に更新しなくてはいけません。

その際、40時間のワークショップ受講が必須です。

今年の11月までライセンスを更新しなくてはいけない私は、残すところ、あと14時間も!



昨日は、友人に教えてもらった、

無料のワークショップに行ってきました。



RICHMONDという、VANCOUVERの隣町にある、とあるカレッジで開かれたワークショップ。



フタを開けてみたら、ECEのみ対象というわけではなく、これからECEを勉強してみたい、という

方たちをも対象とした説明会兼、簡単なアートワークショップだったのですが、自分にないアイディアを得ることが出来たし、何よりも、自分が学生だったころの気持ちが蘇ってきて、また新たな気持ちで子供たちと接しようと思いました。



ちなみに、びっくりしたのが、そのカレッジでは、学生みんなにiPadを配布して、授業を行うそうです!

何だか、とっても年をとった気がしました。笑



horse.jpg写真は、私がワークショップで作ったサンプルカードです。



デイケアで、アートアクティビティをする際、「こうやって、目と鼻をここに貼るんだよ~」なんて教えるのではなく、



こんな風にカードを作って、材料をわたして、子供たち一人一人が自由にアートを作れるよう手助けするのが目的です。

原発汚染による海外移住をお考えの方へ

最近お子さんがいらっしゃる家族の方からメールを頂く機会が増えました。東日本大震災後の放射能汚染の問題で、子供のために移民を真剣に考えていらっしゃる方ばかりでした。今回の記事が移民方法の1つとして参考になればいいなと思っています。

以前ブログにも書きましたが、保育士はスキルドワーカーと呼ばれる永住権申請に対して有利な職業です。学校に行って免許取得までの期間も早いもので1年程度、その後学校によりますが、ポストグラジュエーションワークパーミット(ワークビザの一種)と呼ばれるワークビザをもらうことが出来るので学校に行った期間と同じだけ働くことが可能です。よく日本の保育士免許を書き換え現地で働きたいという相談を受けますが、免許書き換えは可能ですが保育士アシスタントの免許になってしまいワークビザを取ることは難しくなります。移民に繋げることを目標とするのであれば短期間で免許を取れる学校を選び、学生の間の生活費を節約し、1年後働き出す方法が近道ではないでしょうか。

 

①日本で英語の勉強

現地語学学校に通う期間を少しでも減らすために日本で英語の勉強をしておく。ここでカレッジに入れるレベルまで達すれば語学学校に行く必要がなくなるので学生の期間も短縮、学費・生活費節約になります。

②カレッジ進学(約1年)

ポストグラジュエーションワークパーミットが出るカレッジを選ぶ。カレッジで保育の勉強。学費は学校によっても大きく違ってきますが目安として約140万円。これプラス1年間の生活費がかかります(一般的な留学生の生活費が1ヶ月700ドル〜1000ドル)。

③ポストグラジュエーションを使って就職(1年間)

学校を卒業後ポストグラジュエーションワークパーミット申請。ビザをもらい次第就職活動。次のワークビザ申請につなげるためにもライセンスのある保育所でフルタイムポジションで働く。田舎など保育士が足りていない所で就職すると9ヶ月後PNP移民の申請が出来ます。(これはポイント制の移民方法とは違い、雇用主にスポンサーになってもらい移民する方法でポイント制の移民より早い方法です)

④ワークビザを延長し働く(1年)

雇用主にスポンサーになってもらいワークビザを延長する。この段階で1年間働くとポストグラジュエーションとワークビザで2年間働いたことになるのでCEC移民の申請が出来ます。(私が取った方法と同じで、雇用主にスポンサーになってもらう必要がありません)

この方法は前にも述べたように、保育士がスキルドワーカーという移民に有利な職業なので出来る方法です。順調に行けば早くて1年9ヶ月後には移民申請を始められます。ワーキングホリデーのように年齢制限もないので誰でもチャレンジ出来ますよ!

※不明な点や質問などあれば直接メールかコメントで教えて下さい。

mailnao@youjieigo.commail

カナダ移民申請!パスポートリクエストが来ました!!

2010年6月21日に移民書類を提出したという記事(http://youjieigo.com/blog/2010/06/post-56.html)を書いてから約1年8ヶ月。。。CEC(Canadian Experience Class)での移民だったので1年ぐらいで移民になれると思っていましたが。甘かった。。

やっと今日パスポートリクエストが来ました。

CIC(Citizenship and Immigration Canada)のウェブサイト上のチェックアプリケーションステータスの所で、何か進展ないかなといつも見ていましたが何も更新されず。メールが届いた今日も何も更新されていませんでした。。。メディカルリクエストが8月末に来た時もウェブサイト上では何も更新されずに突然来たのでこんなもんなのかな。

提出した国やOfficerによって更新される人もいれば更新されない人もいるようです。

とりあえず移民用写真2枚を撮ってきたので明日には送りたいと思っています。よかったー。本当安心しました。

カナダで保育士を目指す日本人学生に聞く10の質問!

今日はこのブログを通して幼児教育について連絡を頂いた方で、実際に主人の運営する留学エージェントを通して留学に来られた方2人と一緒にごはんを食べました。お二人はバンクーバーにあるコミュニティーカレッジでEarly Childhood Education幼児教育を勉強されています。こんな機会はめったにないと思い、質問をさせて頂きました。

 

Q1.学校の様子は?

Eさん:アットホームな感じです。教室ではみんな意見を言い合います。みんな国籍は違っても冗談を言い合ったり、ふざけあったりもします。FaceBookで連絡をとり合ったりしています。

学校の教室が小さく1つしか無いのには驚きました。生徒は今のところ18人くらいです。

Kさん:先生がとてもプロフェッショナルで、子供を思う気持ちがすごく伝わります。これが良い、これが悪いとはっきり教えてくれます。コンピュータールームがあるのですが、幼児教育以外を勉強している学生と共同で利用するので足りない気がします。改善して欲しいポイントです。

 

Q2.授業はどんなことをしていますか?

Eさん:ガイディング&ケアリングというコースでは子供の問題行動を論理的につきつめられ、それに対する望ましい対応の仕方を教わりました。子供同士にはそれぞれ権利があって、お互いを納得させて問題を解決するところに日本との違いを感じました。エマージェントカリキュラムではレッジョ・エミリア教育法を詳しく勉強しました。

Kさん:プロップを作ったり、裁縫をしたり、絵本を作ったりしました。子供のオブザベーション(観察)の授業ではデイケアセンターに実際に行き、授業で習ったことを現場で見れていい経験になりました。


Q3.苦労している点はありますか?

Eさん:もう少し文法が出来ればよかったです。授業の課題のエッセイなどを書く時に時間がかかってしまいます。あと子供と話すときに、とっさの一言が出てきません。動作を交えて伝わりますが、言語を吸収している子供にもっと早く適切な言葉が出ればいいなと思います。性格かもしれませんが、子供をしっかり怒れないときに悔しい気持ちになります。

Kさん:英語ですね。辞書を引きながら教科書を読むので時間がかかってしまいます。

 

Q4.日本での保育士経験はありますか?

Eさん:ありません。

Kさん:日本の大学で保育を勉強している途中です。

 

Q5.なぜ海外の幼児教育に興味を持ちましたか?

Eさん:小さな頃から英語塾に通っていて、もう15年くらいですかね。大学に入って英語の先生として幼稚園生や小学校1年生のヘルプとして入るようになって、専門的に勉強したいと思うようになりました。それでnaoさんのブログを見つけて連絡したのがきっかけです。

Kさん:日本にはいつでも帰れる。今海外に出れるチャンスがあるのなら出ようと思いました。日本の幼児教育にも英語教育が必要になってくると思います。

 

Q6:生活費はどのくらいかかりますか?

Eさん:平均して1000ドルくらいです。750ドルがホームスティ滞在費、それに加えて交通費や雑費がかかります。

Kさん:平均800ドルくらいです。ダウンタウンのアパートにシェアをしているので家賃が480ドルです。

 

Q7.学校に通い始めてどのくらい経ちますか?

Eさん:3ヶ月目です。

Kさん:2ヶ月目です。

 

Q8.カナダの幼児教育についてあなたが思う、良いところ・悪いところを教えて下さい。

Eさん:あれはダメこれはダメとという意味での”No”を言わず、なるべく子供の好きなことをさせてあげるのはいいなと思いました。カナダの保育施設は日本に比べると規模が小さいので、アットホームになれていい所もありますが就職して働き続けるということを考えると少し不安な点でもあります。子供の先生の割合が8対1なので十分子供に目が行き届くのはいいと思います。

Kさん:これがダメということがあまり無いというのも悪い点でもあるのかも。カナダの子供はのびのび育っているように見えます。3歳〜5歳の子が同じ教室にいることで、上の子が下の子の面倒を見たりして、兄弟がいない子でもそういう体験が出来るのはいいなと思います。

 

Q9:年齢を教えて下さい。

Eさん:22歳

Kさん:30歳

 

Q10.最後に海外の幼児教育に興味がある人に一言。

Eさん:日本では常識だと思っていたことがこっちでは違うことがたくさんあり、面白いです。

Kさん:日本とカナダの教育の違いを知れるのは本当に面白いです。自由な子供が育つな〜と思います。日本では学べないことが学べて嬉しいです。

 

今現在カレッジに通って勉強されている方の貴重なご意見でした!私がこの10の質問をする間も、話が膨らんで脱線・脱線で10コ質問し終わるのにものすごく時間がかかりました。それだけ日本とカナダの保育の違いの面白さを感じている大きな証拠なんだろうなと思いました。私も久しぶりに保育の話や当時の学生の頃の事を思い出して楽しい時間を過ごせました。

今日は本当にありがとうございました。