保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

日本・カナダ保育の違いの一覧

海外の保育に興味がある方集まりませんか?第2弾!in 東京

join us

日本に一時帰国するので、海外の保育、留学に興味がある方集まりませんか? 


詳細 

日時:5月31日(土) 
時間 :  11時~19時まで。途中参加、途中退出OKです!
場所:東京23区内(渋谷周辺が現在第一候補)

具体的な場所まだ不確定ですが、どこかでランチまたは、カフェなどでお話を出来ればいいなと思っています!

 

内容

カナダの保育に関して、私が良いと思う事、悪いと思うこと
海外で保育士として働く上で経験談
バンクーバーの事についての一般的な事
参加者同士の交流

 

現在保育士の方、留学を考えている方、海外就職、移住をを考えている方など にお役に立てればと思っています!  

今回は留学エージェントを運営する主人と一緒に帰国しますので、具体的な留学の相談も可能です。
前回(http://youjieigo.com/blog/2012/07/in-1.html)私の地元である福岡で企画した際に、東京であれば参加出来るのにというメールを何通かいただいた為、今回は東京行いたいと思いました! 

 

福岡神戸にも滞在予定なので、そちらのほうが都合が良いという方がいらっしゃいましたら、お知らせ下さい。人数が集まれば検討させて頂きたいと思います。

 

最終人数確認後、場所の手配、予約を致しますので、下記のお問い合わせページからご連絡下さい。

メッセージ本文に、

  • 現在の職業
  • 年齢
  • お住まい
  • なぜ海外の保育に興味があるか

を簡単にご記入ください。

※尚、万が一、4月30日の時点で人数が3名以下の場合はキャンセルとなる可能性がございますので、ご了承下さい。

それではみなさんとお会い出来るのを楽しみにしています!!

こちらの応募は閉め切らせていただきました。みなさんたくさんの応募ありがとうございました。いつも幼児英語を読んでいただきありがとうございます。

カナダで保育士を目指す日本人学生に聞く10の質問!

今日はこのブログを通して幼児教育について連絡を頂いた方で、実際に主人の運営する留学エージェントを通して留学に来られた方2人と一緒にごはんを食べました。お二人はバンクーバーにあるコミュニティーカレッジでEarly Childhood Education幼児教育を勉強されています。こんな機会はめったにないと思い、質問をさせて頂きました。

 

Q1.学校の様子は?

Eさん:アットホームな感じです。教室ではみんな意見を言い合います。みんな国籍は違っても冗談を言い合ったり、ふざけあったりもします。FaceBookで連絡をとり合ったりしています。

学校の教室が小さく1つしか無いのには驚きました。生徒は今のところ18人くらいです。

Kさん:先生がとてもプロフェッショナルで、子供を思う気持ちがすごく伝わります。これが良い、これが悪いとはっきり教えてくれます。コンピュータールームがあるのですが、幼児教育以外を勉強している学生と共同で利用するので足りない気がします。改善して欲しいポイントです。

 

Q2.授業はどんなことをしていますか?

Eさん:ガイディング&ケアリングというコースでは子供の問題行動を論理的につきつめられ、それに対する望ましい対応の仕方を教わりました。子供同士にはそれぞれ権利があって、お互いを納得させて問題を解決するところに日本との違いを感じました。エマージェントカリキュラムではレッジョ・エミリア教育法を詳しく勉強しました。

Kさん:プロップを作ったり、裁縫をしたり、絵本を作ったりしました。子供のオブザベーション(観察)の授業ではデイケアセンターに実際に行き、授業で習ったことを現場で見れていい経験になりました。


Q3.苦労している点はありますか?

Eさん:もう少し文法が出来ればよかったです。授業の課題のエッセイなどを書く時に時間がかかってしまいます。あと子供と話すときに、とっさの一言が出てきません。動作を交えて伝わりますが、言語を吸収している子供にもっと早く適切な言葉が出ればいいなと思います。性格かもしれませんが、子供をしっかり怒れないときに悔しい気持ちになります。

Kさん:英語ですね。辞書を引きながら教科書を読むので時間がかかってしまいます。

 

Q4.日本での保育士経験はありますか?

Eさん:ありません。

Kさん:日本の大学で保育を勉強している途中です。

 

Q5.なぜ海外の幼児教育に興味を持ちましたか?

Eさん:小さな頃から英語塾に通っていて、もう15年くらいですかね。大学に入って英語の先生として幼稚園生や小学校1年生のヘルプとして入るようになって、専門的に勉強したいと思うようになりました。それでnaoさんのブログを見つけて連絡したのがきっかけです。

Kさん:日本にはいつでも帰れる。今海外に出れるチャンスがあるのなら出ようと思いました。日本の幼児教育にも英語教育が必要になってくると思います。

 

Q6:生活費はどのくらいかかりますか?

Eさん:平均して1000ドルくらいです。750ドルがホームスティ滞在費、それに加えて交通費や雑費がかかります。

Kさん:平均800ドルくらいです。ダウンタウンのアパートにシェアをしているので家賃が480ドルです。

 

Q7.学校に通い始めてどのくらい経ちますか?

Eさん:3ヶ月目です。

Kさん:2ヶ月目です。

 

Q8.カナダの幼児教育についてあなたが思う、良いところ・悪いところを教えて下さい。

Eさん:あれはダメこれはダメとという意味での”No”を言わず、なるべく子供の好きなことをさせてあげるのはいいなと思いました。カナダの保育施設は日本に比べると規模が小さいので、アットホームになれていい所もありますが就職して働き続けるということを考えると少し不安な点でもあります。子供の先生の割合が8対1なので十分子供に目が行き届くのはいいと思います。

Kさん:これがダメということがあまり無いというのも悪い点でもあるのかも。カナダの子供はのびのび育っているように見えます。3歳〜5歳の子が同じ教室にいることで、上の子が下の子の面倒を見たりして、兄弟がいない子でもそういう体験が出来るのはいいなと思います。

 

Q9:年齢を教えて下さい。

Eさん:22歳

Kさん:30歳

 

Q10.最後に海外の幼児教育に興味がある人に一言。

Eさん:日本では常識だと思っていたことがこっちでは違うことがたくさんあり、面白いです。

Kさん:日本とカナダの教育の違いを知れるのは本当に面白いです。自由な子供が育つな〜と思います。日本では学べないことが学べて嬉しいです。

 

今現在カレッジに通って勉強されている方の貴重なご意見でした!私がこの10の質問をする間も、話が膨らんで脱線・脱線で10コ質問し終わるのにものすごく時間がかかりました。それだけ日本とカナダの保育の違いの面白さを感じている大きな証拠なんだろうなと思いました。私も久しぶりに保育の話や当時の学生の頃の事を思い出して楽しい時間を過ごせました。

今日は本当にありがとうございました。

ここで解決!メールで頂いた海外で保育・保育士に対する疑問一覧。

①日本では幼稚園と保育園があり、それぞれ資格が必要ですよね(保育士、幼稚園教諭)。naoさんはデイ ケアで働いていらっしゃるとい うことで すが、カナダでは保育園、幼稚園の区別なく全てデイケアなのでしょうか?区別あるということであればデイケアはどちらに近いものなのでしょう か?

デイケアとは日本でいう保育園のようなものと考えて下さい。園にもよりますが、大抵のところは3~5歳の子が ミックスで1つの教室にいて一日 中面倒を見るところです。働く親が子供たちを預けることが多いです。
プリスクールというのは幼稚園のようなものです。年齢別に分けられ1日3時間くらい遊びの時間や絵本を先生が読 んだりゲームをするお勉強の時間もあり、名前の通りスクールに入る前の準備期間と考えてもらえればいいと思います。
ただ、デイケアもプリスクールも遊びの時間・勉強・アートの時間が同じようにあります。プリスクールの方が若干アクティビティーなどを充実させているような印象ですが、長い時間預かるのがデイケアというだけです。
 

②たとえば、日本のインターナショナルスクールで英語を教えようと思っても(いくら英語が上手でも)英語 教育に熱心な日本人のご両親は ネイティ ブスピーカーに習わせたいと思う人が多く、日本人に英語を習わせるぐらいなら自分で教えるわ、という意見が多いため、日本人の先生は人気がな い(=非常勤 かサポートの先生が多い)、という話を聞いたことがあります。それと同様に、カナダでもネイティブではない外国人(日本人)の先生にクラスを 担当してもら うということにご両親は抵抗ないのでしょうか?(もっともカナダでは英語は習う、というより自然と身につくようなもののような気がします が・・・。)

バンクーバーでは移民が多いということもあり、ネイティブではない私のような外国人にも寛大です。私が雇われる ときも、私以外にネイティブの 人が何人も面接に来ていましたが、仕事態度を買われカタコトの私でも取ってもらえました。。。笑
親とのコミュニケーション・子供の保育がきっちり出来るレベルであればネイティブじゃないからダメだと考える必 要はないと思います。
むしろ、私たち日本人なら自然に身に付いている労働態度のよさをすごく評価してもらえるのでアドバンテージと考 えてもいいと思います。
親とも信頼関係を築ければ、外国人だからとか関係なく信頼してもらえますよ。

 
③プリスクールの先生になるにはデイケアの先生になるのと同じようにEarly Childhood Educationのコースをとることが必要ですか?

はい。プリスクールとデイケアの先生はEarly Childhood Educationのコースを取る必要があります。学校終了後500時間の就労経験を終えると正式にECEライセンスがもらえます。
 
④naoさんはなぜプリスクールではなくデイケアの先生を選んだのですか?

私の場合は、在学中実習先で「もしここで働くことに興味があれば履歴書を持ってきて」と言っていただき、実習をしていたこともあり先生のこと、デイケアの方針などよくわかっていたので迷わず働きたい!と思い、決めました。
次はプリスクールでも働いてみたいと思います。私個人の感想としては、デイケアの方が子供といる時間が長いので、成長を見れる楽しさや子供と 仲良くなれ、なついてくれるような気がします。その分、ぐずったり他の子とケンカしたりすることも多くなりますが。。。

反対にプリスクールは、時間が3時間くらいと短く、自由時間→アート→ジム→サークルタイム(お勉強の時間)のようにと淡々とスケジュールを こなすので、あまり子供がぐずったりケンカしたりすることがないような気がします。子供のなつき方はデイケアのほうが強いかな。。といった印 象です。
 

⑤カナダの中でバンクーバーを選んだ理由は何ですか?

気候と英語のなまりの無さですね。最初に留学を考えたときにアメリカ・オーストラリア・カナダくらいしか頭になく、アメリカは銃社会。。。 オーストラリアのなまりは強いし。。。じゃあカナダで。安易に選んで来ました。。あとは、カナダの中でバンクーバーが気候がよく夏も最高25 度くらい冬もマイナスになることはほとんどなく、暑すぎず寒すぎずという気候がいいと思います。
 

④就労ビザは何年まで有効ですか?また、外国人のままビザを取得したときよりも移民した方が就職しやすいということはありますか?

普通の就労ビザは、雇用主を見つけた上で何年雇ってもらえるか話し合い、その上で必要書類と一緒に雇用主からのレター(何年雇いたいか記入さ れたもの)を政府に送ります。そこで審査され、何年もらえるか決定されます。雇用主からのレターでは3年となっていても1年しかもらえない、 なんてことがしょっちゅうあります。または、政府が指定するカレッジを卒業した生徒には、学校に行った期間と同じだけ就労ビザを出してもらえ る、ポストグラジュエーションビザというものがあります。

もちろん移民した方が就職はしやすいですが(雇用主も色々な手続きを踏まずに雇うことが出来るので)
ポストグラジュエーションビザを取れば、雇用主は手続きなしに雇うことが出来るので同じようなことです。
ブログに記事を書いているので参考にして下さい。http://youjieigo.com/blog/2011/02/good-news.html
 

⑤ブロクでCEC移民とPNP移民の二種類が記載されてましたが、この2つの違いは何ですか?簡単でいいので教えて頂きたいです。
 
CEC・PNP共に普通の移民よりも移民申請の時間がかからない移民方法です。簡単に違いを言うならば、CECは個人が申請するのに対し、 PNPは雇用主を巻き込んでの申請になるということです。
 
⑥Dawson Creekのページ、拝見しました!併せて「カナダの田舎で働く保育士さんに聞く10の質問」も拝見しました。保育士が不足していることから外国人でも雇 用されるチャンス、ということですね。なるほど、と思いました。
また、naoさんが働くバンクーバーのデイケアには色々な国籍の子どもたちがいらっしゃるということですが、バンクーバー以外に色々な 国籍の子どもが集まる都市はどこがありますか?

バンクーバー以外でもカナダ大都市なら色々な国籍の子供がいますよ。

 
如何でしたか?今回紹介したのは、私が実際にメールで受け取った日本にいらっしゃる海外の保育士に興味がある方からの生の質問でした。『私と同じ疑問を持った人が解決できれば光栄です。』と言って頂きブログに載せることを承諾してもらいました。
できるだけたくさんの方にブログを読んで欲しいので、みなさんの疑問なことや書いて欲しい記事など1つでも多く知りたいと思っています。気軽にコメントやメールで教えて下さいね!
 
 

日本とカナダ:バレンタインデーの祝い方の違い

valentine tree  valentine bags

もうすぐバレンタインデーですね。私のデイケアでも今週はバレンタインテーマです。左の写真はGoodness Treeと名付けられた木で、子供達が何かいい事をしたときにハートの紙に子供の名前とその子がした良い事を書いて木に貼っています。この木のお陰で、いつもよりもお片づけを頑張ったり、友達に優しくしたり出来ているようです。いつもより子供の良い所を探して紙に書き出すことで先生も子供の良い所をたくさん見ることが出来、また子供達の自信にもつながるので、クラス自体がいい雰囲気になっています。子供の良い所を褒めてあげることは教育の上でとっても大事なので、ひとつも見逃さないように私も頑張っています。

右の写真はバレンタインを入れる袋です。日本ではバレンタインデーと言えばカップルや片思いの人のための日という印象が強いですが、カナダ(ノースアメリカ)ではバレンタインの祝い方が違うようで色々な人に感謝をする日です。カップルや片思いの人のための日というだけでなく友達に感謝する日なので、みんなそれぞれカードを作ったり小さなキャンディーを添えたりしたものを友達の名前の書かれた袋に入れます。それぞれがお互いの好きな所を書きあったり、ありがとうの言葉を伝えたり、あなたのことが大切だよという事を伝えます。たくさんのバレンタインが袋いっぱいになるのが楽しみです。

日本とカナダの絵本の持ち方の違い

3537507585_ab32bbb5_brown+bear.jpg


前回日本とカナダの絵本の読み方の違いで、絵本の読み方の違いを紹介しましたが、今日は絵本の持ち方の違いを紹介したいと思います。

日本の幼稚園・保育園の先生方は、子供たちに読んで聞かせるときどのように絵本を持っていらっしゃいますか?

わたしが聞いたところによると、日本の先生方は本の位置は変えず片手持ちで、そのままのポジションをキープしつつページをめくると聞きました。本をあちこち動かしながら読むのはよくないとされているようです。

カナダで私が習い、また多くの先生方がされている持ち方は片手持ち(これは日本と一緒ですね)日本と違うのは、本を子供達みんなが見えるようにゆっくり回しながら読みます。(子供たちが輪になって絵本を聞く機会が多いからでしょうか。)また、話の途中で子供のアテンションを引くために「このあと何が起こると思う!?」という質問と一緒に本をいったん閉じたりもします。

日本とカナダの絵本の持ち方一つを取っても、少しずつ違いがあっておもしろいですね。

2 / 3123