保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

本で教える英語の一覧

赤ちゃんのための英語の絵本10選

赤ちゃん向け英語絵本

今回は、赤ちゃんにお勧めな英語絵本の紹介です。

誰もが知っている定番なものから新しいものまで10冊。

英語が苦手というお母さん・お父さんにも読んでもらいたいので、文字がほとんど無いもの、繰り返しが多いもの、歌にのせて読むものなど読みやすいものを選びました。

どんな絵本を選べばいいかわからないという方の参考になれば嬉しいです。

文章の難易度を上・中・下で表しています。

関連するYouTube動画リンクも載せていますので、もう少し詳しく本の中身を知りたいという方はどうぞ。

 

Peek-A Who?

Peek-a WHO?

《文章の難易度:下

今回紹介する本の中で、私イチ押しな絵本。

ハッキリとしたイラストに”Peek-a(いないいない・・・)”と白黒の柄、切り抜かれたページ。

何が隠れているのかな?とページをめくると”Moo(ムー:牛の鳴き声)”と牛の絵。

最後のページには鏡が付いていて、”Peek-a・・・YOU!” 

英語に触れたことがない赤ちゃんと一緒にはじめる一冊目にピッタリな絵本です。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=lRZmJUs-3AE

 

The Very Hungry Caterpillar board book

Hungry Caterpillar 

《文章の難易度:中

日本でも定番の一冊。世界中で愛されている絵本。

生まれたばかりのはらぺこあおむしは、食べ物を探しに出かけます。

月曜日・火曜日・・・どんどん食べて大きくなったあおむしは・・・

カラフルなイラストが赤ちゃんの視覚を刺激します。

赤ちゃんのときはイラストを楽しみ、幼児期にはストーリーに加え数や色も楽しめます。

日本語版の”はらぺこあおむし”を持っている人は英語版と日本語版の違いを見つけてもよさそうですね。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=eXHScpo_Vv8

 

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

Brown Bear, Brown Bear, What Do You See?

《文章の難易度:下

またまたエリック・カールの一冊。

くまさん くまさん 何見てるの? 赤い鳥を見ているの

とりさん とりさん 何見てるの?・・・

またまた定番の一冊。繰り返しのフレーズ、カラフルな絵が次にどんな動物が出てくるんだろう?と興味をそそります。

歌にのせて読むことも出来るので、赤ちゃんの頃はお母さんが、少し大きくなったら自分で。

子供たちに自分で本が読めるという喜びを感じてもらえる一冊です。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=ek7j3huAApc

 

Good Night, Gorilla board book

Goodnight gorilla

《文章の難易度:下

警備員のポケットからカギを盗んだゴリラは、動物園中の檻を開けてしまいます。

疲れて全く気が付かない警備員の後を動物たちが付いて行って・・・

中の文章は、ほぼ”Good night”なので英語が苦手という方にも是非手に取ってもらいたいです。

可愛いイラストがストーリーを伝えてくれるので、読む人の言葉で、イラストからストーリーを推測しながら読み進めて欲しい一冊です。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=uBrK58hi8KA

 

Five Little Monkeys Jumping on the Bed (A Five Little Monkeys Story)

Five Little Monkeys jumping on the bed

《文章の難易度:中

5匹のサルがベッドの上でジャンプして、1匹ずつ落ちてケガをしてしまうという話。

繰り返しの文章をリズムよく読み進めて行けるので、英語のフレーズが自然に耳に残ります。

英語圏の子供たちなら誰でも知っている童謡の一つです。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=1kX5sdDpz9k

 

Barnyard Dance! (Boynton on Board)

Barnyard dance! 

《文章の難易度:上

今回紹介する絵本の中で1番ボキャブラリーが出てくる絵本。農場にいる動物が次々にダンスを披露していく可愛いストーリーです。

読むだけでなく”Stomp your feet! Clap your hand!(足踏みして。手を叩いて。)”と中に出てくる動物と一緒にダンスをしながら読み進めてください。

赤ちゃんの絵本にしては文章が多めですが、テンポよく読み進めることが出来るので楽しめると思います。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=i3-eWS_ieLA

 

Where's Spot?

Where’s Spot?

《文章の難易度:中

スポットはどこ?と家中探していくと隠れているのは色々な動物。

”Is he behind the door?(ドアのうしろかな?)”

シンプルな文章の中に"behind" "in" "under"など前置詞も出てくるので、楽しみながら使い方も自然に覚えることが出来ます。

スポットはどこにいるのかな?と子供の興味をそそりながら読み進めて下さい。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=9RG5cqRqor4

 

Dear Zoo (Dear Zoo & Friends)

Dear Zoo

《文章の難易度:中

”ペットを送って下さい。と動物園に手紙を書いたところ・・・?”

”Very Heavy(すごく重い)”と書かれた箱が送られてきて・・中に入っていたものは・・・?

Grumpy(不機嫌な)ラクダが入っていたり、naughty(いたずら好きな)お猿さんが入っていたり単純なストーリーの中に子供時代によく使うボキャブラリーがたくさん盛り込まれていて読み応えのある一冊です。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=Kzl9IyeMWto

 

The Going-To-Bed Book (Boynton Board Books)

The Going To Bed Book

《文章の難易度:上

ベッドで 寝るのを嫌がる子はいませんか?そんな子にピッタリなベッドタイム・ストーリーです。

動物たちが一斉にお風呂に入って、パジャマを着て、ごった返しで歯磨きをして、寝る前のエクササイズをして・・・

ようやく就寝。Sandra Boyntonならではのテンポの良い文章とひょうきんな動物たちが笑顔にしてくれる一冊です。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=F8OzaXzmGJI

 

Wheels on the Bus (Raffi Songs to Read)

Wheels on the bus 

《文章の難易度:中

”Wheels on the bus go round and round♪♪♪(バスの車輪がグルグル・グルグル♪)”英語圏の子供ならだれでも一度は耳にしたことがある童謡。

バスには何がのっているかな・・・?赤ちゃん?お母さん?運転手さん?車のワイパー??

手遊びとして歌うことも多いのですが、絵を見て歌いながら進めていくとまた違った面白さが発見出来る一冊です。

[この本に関するYouTube動画リンク]:

https://www.youtube.com/watch?v=O-35EymzObY

 

保育士が選ぶ子どもウケの良かった英語絵本10選

子どもが絵本をじっと聞いてくれない。

数えきれない絵本の中でどの絵本がいいのかわからない。

保育士として働く中で、たくさんの絵本を見てきましたが、数ある絵本の中で”いい絵本”として紹介されている絵本が必ずしも子供たちのうけがいいとは限りませんよね。

​私自身、子どもの注目を全くひけなかったり、英語が第一言語では無い自分ではネイティブの子供たちに絵本のみで注目を引くことは出来ないのかと考えたこともありました。

経験を重ねていく中で、状況によって選ぶ絵本が違う(大勢の子の前で読むときにお勧めの絵本、一対一で読むときにお勧めの絵本)ことや読み聞かせ方、絵本を読む前にいかに中のストーリーが見たいと思わせるかなどで反応が全く変わることがわかりました。

数えきれない絵本の中から、実際に子供たちに読んだ絵本の中で特に子供の反応が良かった絵本のみ10冊を紹介します。

 

Open very carefully

open very carefully

グループタイムに是非読んで欲しい、参加型の絵本です。

裏表紙の一部がギザギザに切り取られているのですが、私ははじめに裏表紙を見せて

”実は・・・ワニに絵本食べられちゃったんだよね。今から絵本開くけど、気をつけてね。ちゃんと座ってないとワニに噛まれるかもよ”

と言って読み始め・・

(これで子供たちはとりあえずは動かず座ってくれるはずです 笑)

絵本の文字数もそれほど多くなく、

絵本をふったら凶暴なワニは寝るかな?ふってみよう!(一緒に絵本をふって)

ページをめくるとワニが寝ている

というような参加型のお話なので、飽きること無く最後まで読めると思います。

 

NOT A BOX

not-a-box

この絵本は、表紙からもわかるように絵がものすごくシンプル、中の文章もシンプルで繰り返しが多い絵本です。

子供たちの想像力がこの絵本一冊につまっているような、子供たちの共感が得られそうな絵本です。

文章がシンプルなので、日本で英語を学ぶ子供たちにも読みやすいと思います。

何度も読み聞かせているうちに、まだ文字が読めない子も一人で読めるようになる、そんな絵本です。

 

Oh, no!

Oh-No

子供たちの注目を引く言葉の一つ

”Oh, Noーーーー!!!!!!!”(この言葉、いつもかなり感情を込めて言っています^^;)

感情の込め具合にもよりますが、突然この言葉が出ると、子供たちはパッとその方向を見てくれます。

調度良い文章量で、”Oh, No!”がいい感じに散りばめられていて、中の絵も大きく見やすいのでグループタイムのときにピッタリだと思います。

 

Enemy Pie

enemy-pie

3〜5歳の年齢は、だんだんと友達関係が難しくなってきて

”あなたは、私のベストフレンドじゃない!”

”誕生日会に呼ばない!”

なんて言い争っている子供たちをよく見かけるのですが・・・。

そういう会話が子供たちの間で出だしたときに読むと効果的だと思います。

この絵本は文章量がネイティブの3〜5歳児にとっても少し多いかなという印象。

文章量に不安がありながらも、子供たちの前で読んだときの食付き方があまりに良かったのでご紹介させてもらいました。

 

Rhyming dust bunnies

rhyming dust bunnies

はじめは図書館で韻をふむ絵本を借りたいなと思い、そこまで期待も無く借りた絵本が思わず大ヒット。

絵のカラフルさと、ちょっと馬鹿げたストーリーが子供たちのツボにハマるようです。

グループタイム、一対一で読む場合、どちらにも向いていると思います。

 

Lucky Ducklings

Lucky-Ducklings

絵本の前に"5 little ducks"の歌を歌って

”表紙を見てどんなお話だと思う?”

と絵本にひきつけてからスタートすると楽しんでもらえると思います。

実際にあった本当のお話を絵本にしたもので、子供たちが大好きな消防士さんが登場します。

アヒルの子供たちに付けられた韻を踏んだ名前が、とても可愛い一冊です。

 

The Cow That Laid an Egg

the cow that laid an egg

タイトルからもわかるように、面白いストーリーNo1!

はじめの表紙を見せて

”牛って卵生むんだっけ???この牛は卵を産んだみたいよ。”

とストーリーを始めていくと、子供たちも食いついてくれると思います。

最後の1ページまで、大人も子どもも楽しめます!

 

David Gets in Trouble 

David gets in trouble

いたずら好き、言うことを聞かない男の子と一緒に読んでもらいたい一冊です。

見やすい大きなイラストと、少ない文字の中に、メッセージがたくさん詰まっています。

私も普段子供たちの面倒を見ているときに、”あるある〜”と思う子どものトラブルがこの一冊につまっているので、子どもと一緒に読んで、本と同じ状況に出くわしたときに

”あ。David(この本の登場人物)がやってたとと同じことやってるよ!”

と言うと子どもも冷静になって、自分で間違いを正してくれるようになるので重宝しています。

 

Knuffle bunny

knuffle bunny

写真の中に登場人物のイラストが描かれている、新しいタイプの絵本です。

自分の子どもが突然、身体全ての力が抜けてだらーんとなって泣き始めたけど、何が原因なのかわからない。

という経験をされたお父さんにも読んで欲しい一冊です。

文字数もそれほど多くなく、ストーリーも単純ですぐに引き込まれます。

グループタイムにも、一対一で読むのにも適しています。

 

One

one

以前もブログで紹介させてもらった(前回の記事)、Oneですが何度でも紹介したくなる一冊です。

とにかく、イラストは表紙からもわかるように水彩絵具のような、ほぼ丸と数字だけしか出てこないシンプルなイラストです。

そのシンプルさと、中の文章一つひとつに込められたイジメに対する強いメッセージが、大人も子どもも考えさせられます。

 

Chiharuさんが私と一緒にYoujiEigo.comブログを書いてくれるようになり、また違った目線でカナダの保育を紹介してくれています。

とても詳しく、現地の生の保育事情を伝える記事を書いてくれていますので、これからも楽しみにしていて下さいね!

 

 

ラストのどんでん返しが引き付ける英語の絵本

matilda and hasn.JPG

Matilda and Hans by Yokococo

なんとこの絵本、大阪在住の日本人(しま ようこさん)の作品だそうです。

そんなことは全然知らずに本屋さんで立ち読みして、可愛いイラストと、最後のどんでん返しが好きで買いました。

matilda and hans yokococo.JPG

対照的な2人、マチルダとハンスのお話です。

マチルダとハンス.JPG

マチルダは静かな子でハンスはうるさい子。

マチルダはお利口さんでハンスは悪ガキ。

matilda and hans 2.JPG

ある日、悪い子ハンスが動物園のケージを全部開けて、動物たちを外に逃してしまいます。

そのときマチルダは・・・?

IMG_4024.JPG

悪いことばかりするハンスを捕まえるために懸賞金がかけられ、マチルダは警察に協力してハンスの居場所を教えます。

IMG_4025.JPG

警察に捕まえられたハンス、

帽子を脱いで・・・

マスクを外して・・・

ネコのヒゲを外すと・・・

そこに現れたのは・・・

イラストの可愛さだけでなく、わかりやすいどんでん返しに、子供たちが引きつけられること間違い無しです。

きっと気にいてもらえる一冊になると思います。