保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

本で教える英語の一覧

オススメ英語絵本。みんなうんち<EVERYONE POOPS by Taro Gomi>

EVERYONE POOPS by Taro Gomi みんなうんち 五味太郎  EVERYONE POOPS by Taro Gomi みんなうんち 五味太郎 p8.9

何歳になっても、この絵本の表紙を見ると中を開いて見たくなる、そんな一冊です。

絵本の題名も”EVERYONE POOPS(みんなうんち)”とてもインパクトがありこの題名を見て中が気にならない人はいないのでは。印象に残るカラフルで独特な絵が子供たちを惹きつけ、色々な動物の色々なうんちを笑いを交えながら読み進めていける。

みんな生きるために食べて、食べるからうんちが出るんだ。という、どんなに小さな虫も、大きなゾウも生き物はみんな一緒というメッセージを伝えてくれます。トイレトレーニングを手こずっている子供たちでも読み終わった後自然にトイレでうんちをしたくなること間違いなしですw。私が持っているのは英語版の絵本ですが、日本語版同様シンプル・わかりやすい言葉で書かれているので、何度か読み聞かせてあげると子供自身で読める本になると思います!

EVERYONE POOPS by Taro Gomi みんなうんち 五味太郎 p16.17  EVERYONE POOPS by Taro Gomi みんなうんち 五味太郎 p26.27

海外保育:Leo Lionni(レオ・レオニ)テーマのサークルタイム

レオ・レオニ little blue and little yellow   kids activity Leo Lionni theme

今週のテーマは絵本作家レオ・レオニです。私が大好きな作家のひとりで、代表的な作品にスイミーなどがあります。小学生の頃教科書に載っていたスイミーの話しを未だに覚えているほど、印象的な作品です。

今日のサークルタイムでしたアクティビティーは、黄色と青のプラスティックで出来た卵の中にビー玉を入れたものとお米を入れたものを準備し、"Shake it baby shake it♪"の歌に合わせて卵を順番にまわします。(歌と歌詞は下にあります。)みんなの番が終わったら、中に何が入っているかを当ててもらいました。

その後レオ・レオニの”Little Blue and Little Yellow”を読みました。小さな紙を丸くちぎったようなイラストの黄色と青ですが、シンプルなイラストの中にも表情が読み取れます。カラーテーマのサークルタイムでも使えるいい絵本です。

アートには手作り粘土で遊びました。ブルーとイエローの粘土を作るはずが間違ってグリーンとイエローになってしまいましたが・・・

子供達は楽しんでくれたようです。

 

”Shake it baby Shake it ♪♪♪”

Shake it baby shake it

Shake it all you can

Shake it like a milkshake and pass it to your friends

何かを混ぜるときに歌います。子供達と楽しく歌って下さい!

海外保育:Pond Animals(池に住む生き物)テーマのサークルタイム

preschooler game pond animals

<ゲーム>”Where did a froggy go?”

フェルトで作った色々な色のスイレンの葉の裏にカエルを隠して、子供達にカエルがどこに行ったか当ててもらうゲームです。単純なゲームでわかりやすく、サークルタイムで大活躍のゲームです。

 

 

 

pond animals preschooler game<ゲーム>”Lily Pad Musical Chair”

フルーツバスケットの応用で、スイレンの葉を画用紙で切ったものを輪になるように床に貼り付けます。子供達にも同じ色のスイレンの葉を一枚ずつもってもらいミュージックスタート。スイレンの葉の周りを歩いて、音楽が止まったら自分が持っている葉と同じ色の葉に出来るだけ早く座るというゲームです。

 

 

It's Mine! felt story<お話>”It's Mine!” by Leo Lionni

私の大好きなレオ・レオニの作品をフェルトストーリーにしたものです。これは自分勝手な3匹のカエルのお話です。3匹はシェアすることを知らないので、い つも“It's Mine!” "It's Mine!" "It's Mine”さてこのカエル達はどうやってシェアすることを学ぶのでしょうか・・・(お楽しみ)?"。

 

 

 

farfallina & marcel<お話>”farfallina & marcel" by Holly Keller

アオムシとガチョウのお話で、右上のシールからもわかるように心温まるオススメの絵本です。アオムシとガチョウは大の仲良しで、毎日一緒に遊んでいました。ところがある日アオムシは気分が良くないと木の上に登ってしまいます。何日も何日もガチョウは木下で待つのですが、下りてきません。結局ガチョウはアオムシを木の下で待つことを諦めてしまいます。時が経つにつれ、ガチョウも成長し子供の頃の姿ではなくなり、立派な大人のガチョウになりました。その頃木の上のアオムシも綺麗な蝶々へと変身し、ガチョウを探しに出かけます。池で2人は会うのですが昔の姿とはかけ離れているのでお互いが気づかず・・・。はたしてこの二人は無事友達に戻ることができるのでしょうか・・・(お楽しみw)?

3~5歳児が読む本にしては文字数も結構あるのですが、内容が素晴らしので子供達も飽きずに聞いてくれます。本当にいいお話なので、一度手にとって読んでみて下さい。

オススメ英語絵本:Pete the Cat I love my white shoes

Pete the Cat I love my white shoes  DSC08644.JPG

私のお気に入り大本命の絵本”Pete the Cat I love My White Shoes”です。これは愛嬌のあるネコのお話で、イラストがカラフルで子供達の目を引くだけでなく、ストーリーも素晴らしく、子供達がストーリーを聞きながら話の中で歌を歌って参加できるイチオシNo1英語絵本です。

pete the cat 2  pete the cat3

主人公のピートというネコが大好きな新品の白い靴をはいて外を歩いていると、たくさんのストロベリーを踏んでしまいます。真っ白だったお気に入りの靴は真っ赤に・・・泣くかなと思いきやピートは、”I love my red shoes♪I love my red shoes♪・・・”歌を歌いながら歩いて行きます。色々なものを踏みつけてピートの靴は色々な色に変わってしまうのですがピートはハッピー。そのまま歌を歌いながら歩き続けます。最終的には泥水を踏みつけてしまい茶色になったり・・・水の入ったバケツを踏んでしまい・・・靴はずぶ濡れ。今度こそ泣くだろうと思いきや”I love my Wet shoes♪I love my Wet shoes♪・・・”ハッピーなまま家に戻り、最後のページのソファーの上で”because it's all good”

おしまい。

この絵本を子供達に読んだあと子供達はみんな”I love my~♪”の歌を口ずさんでいました。いつでもハッピーに行こうよというすごくポジティブな歌とストーリーで子供達のハートをつかむこと間違いなしです。保育士さんだけでなく小さい子がいらっしゃる家庭みんなに読んで欲しい、絶対後悔させない大本命の絵本です。