保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

本で教える英語の一覧

KidsBooksワークショップ行ってきました!おすすめ英語絵本など

kidsbooks workshop  kids books workshop recommended books

kids recommended books  todd parr feelings flash cards

KidsBooksワークショップ行ってきました。今回はワークショップのテーマが”感情・友情・フェスティバル”の3つで、そのテーマの中でオススメの絵本を紹介してもらうというものでした。3年前から始まったワークショップに3年連続で出た感想としては、去年・一昨年の方がもっとたくさん面白い本を紹介してくれたような気がします。。。私の一番好きなワークショップなので期待しすぎたというのはあると思います。

左上の写真は店内ワークショップが始まる前の写真で、右上は今回オススメ絵本として紹介された絵本です。左下の写真の絵本2冊は私が購入したもので、”A Sick Day for Amos McGee by Philip C. Stead”と"Jungle BuLLiEs by Steven Kroll"です。

1冊目の”A Sick Day for Amos McGee by Philip C. Stead”は動物園の飼育員のおじさんと動物達のお話で、毎日愛情をもって動物たちのお世話をするおじさんがある日病気になって動物園に現れません。心配になった動物達がとった行動は・・・・?(お楽しみw)とにかくイラストが綺麗でBest Ilustrated Children's book 賞も取っています。ほのぼのとしたイラストにほのぼのとしたストーリーです。良い絵本には必ず付いているゴールドメダルのシール付きです。

2冊目は”Jungle BuLLiEs by Steven Kroll”ジャングルで起こったいじめのお話です。ある日カバが水浴びをしていると自分よりも大きなゾウが「そこをどけ!」といいます。ゾウは自分よりも大きいので渋々水から出て、どこかくつろげる場所を見つけます。見つけたのは自分より小さなライオンのいる所でした「そこをどけ!」ライオンは自分より大きなカバに言い返すことが出来ずに別の場所を探します。追い出された動物達は自分より小さな動物を探し、その小さな動物はもっと小さな動物を探し・・・ところがお猿さんのお母さんは子供の猿に耳元でこうつぶやきます「命令するのはやめて。2人でも十分なスペースがあるでしょ。もういじわるするのは止めて。と言ったらいいよ」小さな動物は、さっき場所を奪われた、自分より少し大きな動物に、その動物は自分より大きな動物にこの言葉を伝えていき・・・と最終的にはみんなで楽しく水浴びをするという話です。シェアリングを子供達に教えるにも良い絵本だと思います。

最後は右下のフラッシュカード。私の大好きな絵本作家のTodd Parrの鮮やかなイラストで描かれたカードです。色々な種類の感情が対語で載っています。(例えば表には”Happy”裏は”Sad”)個人的にはこのフラッシュカードが一番気に入っています。

去年紹介された本<オススメ!>

”The Earth Book” http://youjieigo.com/blog/2010/04/422earth-day.html

”What the Ladybird Heard” http://youjieigo.com/blog/2010/04/what-the-ladybird-heard.html

もう1冊オススメ大本命の本を紹介し忘れていたようなのでまた今度紹介します。

4月22日は地球の日(Earth Day)

the earth book  the earth book inside

4月22日が地球の日ということを知っていましたか?

地球のことを考えて行動する日です。外に落ちているごみを拾うのもいいですし、電気を消してろうそくを使ってみるのも、いつもは持たないエコバックを持って買い物に行くのもいいですね。子供達と一緒に地球の事を考えて何が出来るか話し合ってみると良いアイディアが出てきそうですね。

今回紹介する本は、私の大好きな絵本作家トッドパール(Todd Parr)のThe Earth Bookです。

まずページを開くと1人の女の子が「私は地球に優しくするよ。だって、小さな事でも毎日積み重ねることで大きな差が出るから」次々に出てくるエコなことに続くbecause…で理由が出てくるのですが、すごく考えさせられます。「バスを使って学校に行くし、自転車にのるよ。だって、星が好きだし空気がきれいになって欲しいし。そうすればキラキラ輝く星が見えるでしょ」カラフルなイラストと一緒に出てくる短い文章の1つ1つが何とも言えない、純粋で大切な何かを訴えかけているような気がします。トッドパールの絵本は、子供だけでなく大人にも読んで欲しい素敵な絵本です。

オススメ英語絵本~What the Ladybird Heard~

what the ladybird heardのサムネール画像のサムネール画像 what the ladybird heard2のサムネール画像のサムネール画像

名作”The Gruffalo:もりでいちばんつよいのは?”でも有名なJulia Donaldsonの新作の絵本です。

ある農場に、羊や馬や他にもたくさんの動物とテントウムシが住んでいました。テントウムシは一言もしゃべらない静かなテントウムシでした。ある日泥棒が農場の牛を盗む計画をしていることをテントウムシが知り、他の動物達に知らせます。どうしたら牛を盗まれないように出来るか動物達で話し合う中、テントウムシにはいい考えがありました。テントウムシが考えた泥棒を撃退する方法とは・・・?

動物達が力を合わせてした撃退法が本当に可愛くて面白いので是非子供と一緒に読んで欲しい1冊です。

Kids Bookワークショップ~おすすめ絵本満載~

kids booksのサムネール画像 kids books 2

kids books3 kids books4
Kids Bookのワークショップに行ってきました。Kids Bookは、バンクーバーにある絵本専門の本屋さんで店員さんも絵本にすごく詳しく、イメージする欲しい絵本ピッタリの絵本を探すことが出来ます。
2時間のワークショップだったのですが、始めの1時間はオススメ絵本やおもちゃの紹介をしてくれ(上の写真に載せているもの)残りの1時間は好きな絵本を自由に探し、全品15%OFFの価格で購入できました。去年もこのワークショップに参加したのですが、是非来年も参加したいと思えるいいワークショップでした。

kids books5 puppets

私が買った本3冊とパペットです。絵本は、子供の言語能力発達のためだけでなく、想像力や理解力とにかく色々なことを楽しみながら学べる素晴らしいものなので、良いものを見つけるとすごく嬉しくなります。1冊ずつ紹介したいと思うので、詳しい本の紹介はまた今度します。このパペットも、とにかく動きがリアルでパペットとは思えないほど細かい動きが出来ます。大きなパペットは、今日のサークルタイムでも使ったのですが、今回フィンガーサイズのパペットを見つけたのでつい買ってしまいました。明日子供達に見せるときの反応が楽しみです。

[Kids Book ]

http://www.kidsbooks.ca/

緑色のたまご発見!

green-eggs-and-ham2.jpg


Dr. Seuss(ドクタースース)の代表作でもある絵本”Green Eggs and Ham”をご存じですか?

ドクタースースならではの、リズミカルな文章と子供達の興味を引くイラスト。ドクタースースの本は、文章量も結構あり、長めの絵本が多いのですが、子供達の興味を一心に引き飽きさせません。

~”Green Eggs and Ham”という絵本のあらすじ~

「Sam-I-am」のしつこさといったら、まるで電話でセールスする人のよう。手を変え品を変え、疑り深い主人公に「緑色の卵焼きとハムは絶品だ」とい うことをわからせようとしている。とにかくあの手この手を使って「新料理」を食べるように勧める。「家の中でネズミさんと」「箱の中でキツネさんと」「ボートの上でヤギさんと、いっしょに食べてみませんか」と勧めるけれどもうまくいかない。ところがと うとう、疲れ知らずの「Sam-I-am」のあまりにしつこさに相手は根負けしてしまう。はたしてお味は?


この中に出てくる緑色のたまごなんですが、実際にあるんです!

green egg昨日行ったカナダのHarrison Hot Springという所の観光名所のコーヒー工場で、放し飼いの色々な種類の鶏が生んだタマゴを販売していました。1パック4ドルとお手頃で、普段スーパーで目にする卵よりも大きいタマゴが入っていました。

卵をレジに持っていくと、店主のおばさんが”緑色のタマゴ入ってた?”

私)”何??そんなのがあるんですか?”

店主)”Dr. Seussの”Green Eggs and Ham”って本知ってる?その中の緑色のタマゴは、作り話じゃなくて本当にあるんだよ!中は普通だけどね。”

と、他のタマゴのパックから緑色のタマゴを見つけてくれ、交換してくれました。

↑コレが緑色のタマゴです。

 

Dr. Seussの絵本は、お話も不思議で、イラストも奇抜なので、Green Eggs and Hamの緑色のタマゴも作り話だろうと思っていたので本物を見て感動しました。この絵本を子供に読んであげるとき、緑色のタマゴは本当にあるんだよと教えてあげると、もっと楽しく絵本が読めそうですね。