保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

覚えたい幼児英語集

告知: 4月22日、23日、29日に池袋にて留学相談会を行います

カナダにあるCOS留学サポートデスクのカナダスタッフが保育留学/就職相談会をします!

詳細、お申込みはこちらのページからお願いします! http://youjieigo.com/blog/2017/04/seminortokyo

 

 

————————————————

 

 

目次

 

━ 単語 ━

 

 

━ イディオム ━

 

 

【 幼児語 】

“ Papa ” “ Gradpa ” おじいちゃん
“ Nana ” “ Grandma ” おばあちゃん
Papa、Nanaは家族によっても違ったりします。
“ Auntie ” おばさん
“ Baba ” 哺乳瓶(ウォーターボトルを指すことも)
“ Bottle ”がきちんと言えないことから出来たもの。
“ Bumbum ” おしり
Toddlerのクラスで、使う子が多いですね。かわいらしい表現です。
“ Blankie ” ブランケット、毛布
幼児は単語に y、ei のサウンドを付け加えて幼児語にします。
(例:horse – Horsy、Bird – Birdy、Duck – Ducky、etc…)
“ Toot ” おならをすること(おならの音を指すことも。その場合はプー!というイメージ。)
“ Toot! Toot! ”のように、電車の効果音としても使われます。
“ Kaka ” うんち
ヨーロッパでよく使われますが、カナダでも使う子がいます。
“ Owie ” 痛い!(口語表現)
“ Ouch ” の変わりに子供達は、“ Owie ” を使います。“ 怪我”として名詞で使うこともよくあります。
“ Ewww ” いやー汚い!、気持ち悪い!(口語表現)

 

【 英語上級者でも知らない?英単語 】

“ Babble ” 赤ちゃんがばぶばぶ言うこと
“ She is just babbling. ” のように動詞で使います。
“ Bawl ” 目が落ちるくらいの号泣
“ She started to bawl. ” のように動詞で使います。
“ Temper tantrum ” かんしゃく。名詞。
“ Temper ”だけで使われることもあります。
“ Melt-down ” ぐずっている様子。名詞。
通常のぐずっている時よりも、1段階上のぐずっている様子を表します。
“ She is having a meltdown. ”
ものすごくアンフォーマルなので、親御さんの前では使わない傾向にあります。
“ Bonk ” 頭をぶつける。また、その効果音「ゴンッ」。名詞と動詞。
“ I just Bonked my head at… ” と、何かを何かにぶつける仕草をしながら “ Bonk! ” と子供たちがよく使います。
“ Shove … in a mouth ” …を口に押し込む。動詞。
飲み込みきれてない食べ物が口の中にあるにも関わらず、どんどん食べ物を次から次へと入れていくこと。
“ She won't stop shoving food in her mouth. ”
フォーマルではないと思います。
“ Formula ” 粉ミルク
“ Bib ” スタイ(よだれかけ)
“ Crib ” ベビーベッド
“ Cot ” 子供が寝ころぶ大きいベッド(マット)のようなもの
“ Onesie ” 赤ちゃん用の服
“ Gag/puke ” えづく、吐く。動詞。(Puke に関しては、嘔吐物のことも指す。動詞と名詞。)
“ she is gaging. She puked. She had a little puke. ”
“ Whine/whiney ” ぐずっている。また、その様。
“ He is just whining. ”  “ He is so whiney today. ”
“ Sob ” すすり泣く。動詞。(名詞もある)
“ She started to sob. ”
“ Pacifier ” “ Soother ” おしゃぶり
赤ちゃん言葉では、“ suckie ” “ soo-soo ” とも言ういます。
“ Wipe ” おしりふき、ウェットティッシュ
“ Car seat ” チャイルドシート
“ Newborn ” 新生児(0 – 4、5ヶ月)
“ Infant ” 乳児(6ヶ月 – 12ヶ月くらい)
“ Toddler ” 歩き始めたくらいの子供 (13ヶ月 – 2.5歳)
口語表現では、“ Tods ”と言います。

 

【 おもちゃ 】

“ Stuffy ” ぬいぐるみ。幼児語。
一般的なな言い方は Stuffed animal:~のぬいぐるみ。
これが動物意外だと、“ Stuffed dinosaur ” をたまに使いますが、大体はこの“ Stuffy ” を使う。
“ Seesaw
/ teeter-totter ”
シーソー。
“ Jumper ” まだ歩けない赤ちゃんが中に入ってジャンプするおもちゃ。

 

【 乗り物関係の擬音表現 】

“ Chugga-chugga ” シュッシュッシュ(機関車の音)
“ Choo-choo ” ポッポー(機関車の音)
擬音語以外の意味で、機関車も表す。
Chugga-chugga choo-choo!! は、シュッシュッポッポーとなります。
Choo-choo trainは、機関車ですね。
“ Puff-puff ” ポッポ(機関車の音)
Choo-choo が長めのポッポーで、Puff-puff は短くポッポ。
“ Toot-toot ” 汽笛の音。
Choo-chooがポッポーなら、Toot-tootはプップー、パッパーに近い。
“ Beep ” ビー、プー(車のクラクションの音)
“ Honk ” ビー(車のクラクションの音)
大型車の大きな音で使うことが多いです。
“ Putt-putt ” パッパッと音のするエンジン音。
“ Vroom-vroom ” ブーンブーン(車の走る音)
“ Zoom ” ブーン(すばやく何かが動いたり飛んだりするときの音)
ロケットや、人が走ってる時などに使います。

 

【 動物・人間系の擬音表現 】

“ Purr ” 猫がごろごろ喉を鳴らしているときの音。
“ Buzz-buzz ” ぶんぶん、ぶーんぶーん(蜂の音)
“ Sting ” ちくっ(針でなにかを刺す・刺される音)
虫に刺されたときなどに使われます。
“ Swoosh ” シューッ(鳥の飛ぶ音)
“ Swish ” ヒュー(鳥の飛ぶ音)
“ Chomp-chomp ” むしゃむしゃ (噛んでるときの音)
カバなど大きな動物が、大きく口を開けてむしゃむしゃ噛んでるときに使います。
食べ物を食べるときの音ではなく、口を開け閉めしている音を表していて、人間以外に使う場合がほとんどです。
“ Munch-munch ” むしゃむしゃ、もぐもぐ(物を食べてるときの音)
人間に使うことが多いです。
“ Slurp ” ちゅー(音をたてて飲んでいる音)
または、麺などをすする音にも使います。
“ Flutter-flutter ” ひらひら(蝶が飛んでる音)
“ Grrr ” うー(動物のうなり声)
“ Howl ” わおーん(オオカミの遠吠え)
“ Peep-peep ” ピーピー、ピーチクパーチク(小鳥の鳴き声)
“ Boing ” ピョーン、ポーン(ジャンプなど、飛び跳ねているときの音)
うさぎや、カンガルーに良く使います。
“ Brr ” ブルブル(寒いときに発する音)
“ Waddle-waddle ” よちよち(何かが不安定に歩いている時の音)
ペンギンのよちよち歩きなんて、良く使いますね。
“ Tu-whit tu-whoo / hoo hoo ” ほーほー(ふくろうの鳴き声)
“ Thump ” どん、どすん(何かを叩いて鳴る、低めの重厚感のある音)
ゴリラが胸を叩いてるときや、恐竜がどすどす歩いてる様子を表せます。
“ Rumble / grumble ” ごろごろ(おなかの鳴る音、雷の音につかう)
“ Phew ” ふー(ため息)
“ Tada(ta-da, tadah) ” じゃじゃーん(何かが出てきた時に子供が使う擬音)
“ Boo ” ばー!(脅かす時に使う音)
“ Blah-blah ” 人がしゃべってる時の音。
“ Chatter-chatter ” ぺちゃくちゃ(喋ってるときの擬音)
“ Pew ” うげー(ごみなど、汚くて臭いものを目の前にした時の擬音)
yewと似た表現です。

 

【 いろいろな擬音表現 】

“ Wiggle-wiggle / wiggle-waggle ” ふりふり(おしりや腰をふっている時の音)
ダンスの時にも使えます。
“ Squeak ” キー、ちゅー(甲高い音、ネズミの鳴き声)
“ Clap-clap ” 拍手の音
“ Flick ” ピンっ、ぱちっ(指先ではじく音)
“ Knock-knock ” こんこん(ドアをノックする音)
“ Ban ” バーン、バタン(叩くときの音、何かが閉まる時の音。)
“ Whack ” ばしっ(叩くときの音)
“ Bump ” ドス、ドスン、ぼこっ(何かにぶつかる時の音、車でデコボコ道を通る時の音)
“ Smash ” がしゃん(何かに衝突する音)
何かが壊れるくらい、激しくぶつかる時に使います。
“ Ding-ding ” ゴーンゴーン(重みのある鐘の音)
“ Dingdong ” ピンポーン(ドアベルの音、軽い鐘の音)
“ Clink-clink ” ちゃりんちゃりん(お金を入れるときの音)
“ Tick-tock ” チックタック(時計の音)
“ Drip-drip ” ぽたぽた(水滴がしたたり落ちる音)
“ Splat ” ぴしゃ、ぱしゃ(水などがはねる音)
絵の具がはねてしまった時にも使えます。
“ Plop ” ぼちゃん、ぼた(水滴以上の水が落ちる音)
“ Pop ” ポン(何かがはじけたり跳ねたりする音)
シャボン玉なんかにも。
“ Rattle-rattle ” がらがら(赤ちゃんのおもちゃガラガラの音)
おもちゃの名前 Rattle が由来のようです。
“ Twinkle-twinkle ” きらきら(星が輝く音)
“ Zip ” ジッパーをしめる時の音

 

【 病気に関する単語 】

“ Germ ” ばい菌
“ Flu ” インフルエンザ
“ Pink eye ” はやり目(伝染性結膜炎)
“ Ear infection ” 中耳炎などの耳の感染症全般
“ Cough ”
“ Asthma ” 喘息
“ Puffer / Inhaler ” 喘息の吸入器(Pufferはカジュアルな言い方)
“ Runny nose ” 鼻水
“ Rash ” 発疹、湿疹、リアクションを起こして赤くなっている肌
“ Eczema ” アトピーのような症状、発疹、湿疹
rash よりひどい状態
こちらではアトピーという言葉の代わりに、 eczema を使っているように思います。atopy という英単語もあるんですが、聞いたことも使ったこともありません。
“ Chicken pox ” 水疱瘡
“ Fifth disease ” りんご病
“ Mumps ” おたふく風邪

 

【 アートアクティビティ 】

“ Construction paper ” 画用紙
“ Pipe cleaner ” モール
“ Pompom ” コラージュに使ったりする羊毛のボンボリ
“ Googly eyes ” プラスチックでできた、黒目の部分が動く目
動物を作ったりするときの目の部分によく使う。
“ Tissue paper ” アートに使ったりプレゼントを包むのに使ったりする薄い紙
“ Glue stick ” 液体のりをすくう用のミニヘラ
“ Stick glue ” スティックのり
“ Clay ” 土ベースのねんど
日本の「ねんど」はこっち。
“ Playdough ” 小麦粉ベースのねんど
カナダの「ねんど」はこっち。
“ Pencil crayon ” 色えんぴつ(color pencil でも伝わらなくもないですが、?って顔されます。)
“ Easel ” 子供用の画架(イーゼル)

 

【 乗り物に関する単語 】

“ Excavator/Digger ” ショベルカー
“ Dump truck ” ダンプカー
“ Cement mixer ” タンクローリー
“ Backhoe ” 後方に一般的なショベル、前方に幅広のショベルのついたショベルカーの一種。
日本では聞き慣れない?見慣れない?かもしれませんがこっちでは人気です。
“ Bulldozer ” ブルドーザー
“ Crane ” クレーン
“ Tractor ” 農耕トラック
“ Fire truck/Fire engine ” 消防車
“ Ambulance ” 救急車
“ Garbage truck ” ゴミ収集車
“ Helicopter ” ヘリコプター
“ Airplane/Plane/Jet ” 飛行機

 

【 算数に関する単語 】

“ quantity ”
“ addition ” たし算
“ subtraction ” 引き算
“ multiplication ” かけ算
“ division ” わり算
“ point ”
“ line ” 直線
“ plane ” 平面
“ curve ” 曲線
“ triangle ” 正三角形
“ rectangle ” 長方形
“ square ” 正方形
“ pentagon ” 五角形
“ hexagon ” 六角形
“ octagon ” 八角系
“ diagonal line ” 対角線
“ circle ”
“ cube ” 立法体
“ sphere ”

 

【 子供が使う表現 】

“ I bumped my head. ” たんこぶができちゃった
“ Bump ” の「ゴツンッ」からきています。
“ Try to get me! ” つかまえてみて!
追いかけっこの時によく聞きます。
先生が使うのは “ I’ll get you!(つかまえちゃうぞー!)”
“ Got you! You are it! ” 捕まえた!君が鬼だよ!!
これも、追いかけっこで使われる表現で、“ It ” が鬼を表します。
「触るとバイキンがうつる」という意味もあり、意地悪をする子供が使うこともあります。
“ When I grow up,I’m gonna be~. ” 将来、〜になるの
大人になったらなりたい職業や人を表現する時、子供達によく使われます。
“ You are in big trouble! ” 悪い子!
意地悪された時、相手に言ってしまう表現。
このフレーズが聞こえて来たら、“ No one is in trouble in the daycare. ” と、注意してあげましょうね。
“ Messy Song! ” 演奏がめちゃくちゃ!
“ Messy ” は、「散らかっている」を意味しますが、音楽にも使えます。
“ Pass me the dish please. ” お皿を取って
日本のスタイルとは違う、おやつの時間で子供たちが使います。
“ I’m playing by myself. ” 一人で遊んでるの
時々一人で遊んでいる子がいますが、元気にこのフレーズが返ってきたら、無理にみんなの輪に入れる必要はありません。カナダでは、小さな子供たちが一人の世界に没頭して何かをすることも、尊重してあげます。
“ I have the hiccups. ” シャックリが出る
“ Are you giving medicine to me? ” 薬を飲ませる気?
先生がグループワークの時に、スポイトを持ってきた時に子供が言ったフレーズです。スポイトから、薬を連想するんですね。

 

【 保育士が使う表現 】

Don’t step on the toy please.  おもちゃを踏まないで下さい
 Let’s tidy up here! ”
“ Tidy up!
お片付けしよう!
お片付けして!
It belongs here. ” (このおもちゃは)ここで遊んで、ここに仕舞って
Watch Out! ” 気を付けて!! 危ないよ!!
Watch your head! ”
Watch your step! ”
頭に気をつけて!
足元見て!
Keep your feet on the floor please. ”

登らないで!

直訳すると「足は地面に」ですが、ニュアンス的には「登らないで!」だったり「ジャンプしないでー」とか足が地面から離れて危ない状況の時に使います。

Please stay in a line. ” まっすぐに並んで
Squeeze please. ” 詰めて下さーい
Slow down and walk please. ” ゆっくりー。(走らないで)歩いてねー。
Sit down on your buttom / bum please.

ちゃんと座って

直訳は「おしりの上に座って」ですが、ニュアンスでは「ちゃんと座ってー」の意味。子供が膝立ちしていたり正座してたり立ってたりすると使います。

Criss cross applesauce! ”

あぐらをかいてー。

こちらでは座るときにあぐらをかいて座ることがフォーマルな座りかたとされています。足を延ばして座っていたりする子に注意するときに使ったり、グループタイムが始まる前に注意として使います。

Please sit up. ” 起き上がって
Put your listening ears on. ” よく聞いてー!直訳は「よく聞こえる耳を取り付けて!」お話を始める前や子供が言うことを聞いていないときに使います。
Use quiet voice inside. ”
Use inside voice. ”
静かにしなさい。小さめの声でね。
It’ll get colored. ” (絵の具で)汚れちゃうよ!
“ ~will get dirty ”は、埃や泥の汚れの時に。
No fighting! ” 喧嘩はダメ!
(Don’t~ より、No ~ingという表現が良く使われます )
 You can’t play in a sandbox for a while. しばらく砂場遊びは禁止です!
Time’s up! ” 時間ですよー!
Inside voice. ” 小さい声で喋ってね
Voice down please. ” もう少し静かにね
Go pick it up. ” (放り投げたおもちゃなどを)取りに行きなさい!
 No double dipping. 二回つけちゃダメですよ
(例:野菜をドレッシングに二回付けた時など)
Chew it up, please. ” きちんと、噛みましょう
Keep your hands to yourself. ”

お手ては自分の体に!

訳すと変な感じですが、子供が友達を叩いてしまったり、ふざけて友達に乗っかったりして危険な状況の時に使います。

Eyes ahead. ” 前を見て
Hold hands! Fast feet! ” 手をつないで!急ぎ足!(横断歩道を渡る時)
Sharing is caring. ” シェアする事は(友達を)思いやる事だよ
You don’t need to hurry up. Take your time. ” 急がなくていいよ。ゆっくりやって大丈夫だよ
You don’t have to rush. ” 急ぐ必要はないよ
Your shoe is on the wrong foot. ”
You got duck feet! ”
靴が逆だよ
Everybody settle down please.  (お昼寝の時間など、クワイエットタイムの時に)みんな静かに。みんな横になりましょう。
It’s not your turn. ” 今はあなたの番ではないですよ
Please get ready to go outside. ” お外に出る用意をして下さーい
Why don’t you~? ” ~をしたらどう?
How do you ask me when you need my help? ” 手伝ってほしい時何て言うんだっけ?
子供達に“ Please ”を言わせるように促します。
Do you need to pee or poo? ”

うんち、おしっこに行かなくて大丈夫?

ダイレクトに pee、poo を使うよりは、トイレ:bathroom、toilet を使う方が多いです。

What is your plan next time? ”
What do you say? ”
これからどうすれば良いかな?
喧嘩の後に、子供達に謝らせる時など使えます。
Your nose is hungry?? ” お鼻がお腹空いてるのかな?
日本の「ほっぺにお弁当ついてるよ」という感じでしょうか。
What month are we in now? 今は何月でしょう?
Take a big bite. ” 大きな口で食べてごらん
~will save it for you. ” ~ちゃんが、(おもちゃなどを)取っておいてくれるよ
子供がトイレに行く時などに使います。
Take a big bite. ” 大きな口で食べてごらん
There you go! ” どうぞ!ほらね!(場面によって意味が変わってきます。)
Do we play with food. ” 食べ物で遊ぶの?
Do you know why? ” なんでかわかる?
Ready!? Stay smiling! はーい、笑ってー!
Scooch! Scooch! 詰めて!詰めて!
椅子に座った状態で、列を詰めて欲しい時に使います。意味は、すべるように動いて詰めるです。
Can you swap seats with her? 彼女を席を変われる?
Are you wakie wakie now? もう、お目めぱっちりかな?
“ Wake ”の幼児語、“ Wakie ”が使われていますね。

 

目次に戻る