保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

飼い犬クレアをプリスクールに

IMG_3073.JPG

先週からのテーマが犬ということで、飼い犬のクレアをプリスクールに連れて行きました。

こんなことが出来るのも、カナダならではですよね。日本でやったら怒られそうです。。。

クレアは人に吠えたり、噛み付いたりするタイプの犬ではないので大丈夫だろうとは思っていましたが、子どもたちもクレアに優しく、クレアもすごく辛抱強く子どもたちに触られ続けていました 笑

dog in preschool.JPG

子どもたちにお風呂に入れてもらっています。

シャンプー付けて、お水で洗って、タオルドライして〜

IMG_3066.JPG

クレア用のベッドが出来ました。

IMG_3111.JPG

”クレアの心臓の音聞こえるかなー?”

と、一人がやり出すと・・・

IMG_3113.JPG

”どれどれー?”

IMG_3112.JPG

”何か聞こえるーー!”

IMG_1960.JPG

家に帰ってきて、かなり疲れた様子。お疲れ様でした!

IMG_1612.JPG

おやすみなさい

カナダの幼稚園就職にはコネが大事

 

前まえから、コネの凄さを実感していた私でしたが(初めての就職先は実習先、今働いている所も、前のボスがオープンを手伝ったプリスクール)、また凄さを実感しました。

 

ちょうどクリスマス頃、今働いているプリスクールが今年のスクールイヤーが終わる6月末までで閉めることに決まったという風に伝えられました。古い教会の中にあるので、もともと半分くらい取り壊して新しく施設を立てる計画があることは聞かされていましたが、子供の人数も少ないので閉めるのを早めたようです。

”あぁ、また仕事探しかー”

と思っていました。とは言っても、仕事の求人は結構あるのでそこまで心配はしていなかったのですが。

 

そしたら先月、たまにサブの先生として働いている乳幼児デイケアの人から(友達が働くデイケア)、1人先生が辞めるので興味があるようであればと連絡をもらいました。2月からのフルタイムポジションだったので、今働いているプリスクールを辞めるのは・・・と思い断りました。それでも、仕事を探すということになったらまず最初に私に教えてね!と言って頂き)

 

今度は昨日、前働いていたデイケアのボスから

”6月末までで、今のプリスクール閉まるんだよね?産休に入る先生の代わりに5月中旬から働かない?”

という電話をもらいました。パートタイムで時間も調節出来るようなので、6月末までプリスクールと掛け持ちして働き、それからはここで働こうかなと思っています。

かなりあっさり、失業の危機を乗り越えました。

人気者なのかなと勘違いしてしまいそうですが、やはりコネクションが大事なようです。

●過去の記事カナダはコネ入社が多い!?希望する仕事の見つけ方

アートを通じてサイエンスの楽しさを

IMG_3040 2.jpg

いつも参考にしていて、少し前にもワークショップに行ったMaryann F. KohlのScience Artsから

オイルペインティング

●サラダ油 

●絵の具 

●水 

●スポイト

●紙

●紙の下に置くトレー

IMG_3035.JPG

本の中では、あらかじめ油と絵の具を混ぜたもの、水と絵の具を混ぜたものを用意するように書いてあったのですが、油と絵の具が混ざらず・・・

サラダ油は油だけ、色を付けずに使いました。

IMG_3049.JPG

スポイトで油をのせて、色をのせます。(順番が逆でも大丈夫です)

トレーを動かすと色が滑ったり、色と色が混ざる様子が見ることが出来、アートとサイエンスが同時に楽しめます。

oil painting.JPG

スポイトを使うので指先を鍛える練習にもなり、脳を鍛えることにも繋がりそうです。

乳幼児と一緒にやる場合は、スポイトの代わりにスプーンなどですくって色をのせても楽しそうですね!

いつものやり方を少し変えてString Art

string art.jpg

String Artといえば、毛糸に絵の具を付けて紙の上に絵を描く方法でやっていたのですが

今回は少し変えて毛糸だけではなくパイプクリーナーや色々な種類の糸も使い、床の上に紙を置き毛糸を落として絵を描きました。持ちやすいように、洗濯バサミで毛糸を挟んでいます。

絵の具が飛び散ることは覚悟して、被害が最小限になるようにまわりに新聞紙をひきました。

IMG_3228.jpg

毛糸に絵の具を付けて、下の紙めがけて落とす。出来た絵柄を見て楽しむアートです。

絵の具が毛糸につきやすくなるように水で薄めました。

IMG_3233.JPG

毛糸に絵の具をたっぷり付けて、ポタポタ落としたり

白い紙の上に出来る、予想外の形を見て、”お月様みたい!””ムカデみたい!”と楽しんでくれたようです。

賛否両論?ダウン症の子の養子縁組

248865800_b10ccc1882_o.jpg

もしかすると、私の文章力のなさから気分を害される方がいらっしゃるかもしれませんが、その場合は申し訳ありません。

ツイッターでも一度つぶやいたのですが、嫌な思いをする人がいるかも、と消したり、書くかやめようか迷ったのですが、一人でも多くの方に知って欲しいなと思ったので書きます。短いので読んで下さい。

少し前に、一緒にプリスクールで働いている同僚が

”旦那のいとこ夫婦が、子供をadopt(養子縁組)したの、この前見たんだけどすっごく可愛かったー。ダウン症の子なんだけどね、3パウンド(約1300グラム)の未熟児で生まれたんだって”

私はそれを聞いて、

”うそ、ダウン症の子を!?しかも未熟児で生まれたってことは、これから病気にかかったりする可能性も高いし色々と大変じゃないの??”

と正直思いました。

日本では、有名人の方が羊水検査で胎児がダウン症の可能性があることを告白し、賛否両論を巻きおこしていたというのに・・・

同僚の言い方があまりにも普通に赤ちゃんが可愛かったという話で、日本で生まれ育った私はカナダで生まれ育った彼女とは、養子縁組、ダウン症というかハンディキャップに対する考え方がずーーっとずーーっと遅れているような気がしてなりませんでした。

日本ではまだまだ珍しい養子縁組も、カナダでは全然珍しくありません。今まで保育士として働く中で、たくさん養子縁組の子どもたちや同僚をみてきました。日本のように隠すことももちろん無く、生みの親、育ての親と2人父親や母親がいることもよくある話で、それぞれの親と上手く交流を持っている方がたくさんいます。

日本も少しずつ変わっていくのでしょうか。