保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

色々な形でコラージュを作ろう!

カナダに戻ってきて、約1ヶ月が経ちました。最近は娘と一緒にStrong Start(カナダでは親も一緒に無料で行けるプリスクールがあります。小学校の中の一部屋で行われるのですが保育士免許を持った先生がするサークルタイムや、おやつの時間、ジムの時間があります。誰でも好きなときに行くことができます。)に行ったり、公園に行ったり、プールに行ったり、お友達の家に行ったりしています。家で過ごすことも多いのですが、せっかくなので家にいるときに娘と一緒にしたアートアクティビティーを記録していこうと思います。

今回は画用紙と糊で作る簡単コラージュです。指先と目と脳の連携アイハンドコーディネーションを促すだけでなく、楽しみながら形を認識することもできるアクティビティーです。

日本の保育園での英語サークルタイムを終えて

以前ブログの中で、「英語でサークルタイムをさせて頂ける保育園、幼稚園を募集」という記事を書いてから、いくつかの園からご連絡を頂きました。残念ながら場所の関係で行けなかった園もあったのですが、福岡・埼玉で合計3箇所の保育園でサークルタイムをさせていただくことが出来ました。

 

そのうち2つは福岡県にある英語教育を取り入れている保育園、1つは埼玉県にあるいまから英語教育と取り入れたいという保育園でした。

 

英語教育がこれからという埼玉県の保育園でのサークルタイムは、子供達はどのくらい理解してくれるかな?突然全て英語ではじめて楽しんでくれるかな?日本語で説明しながらがいいかな?など、英語に触れたことのない子供達に教えるという機会が今までになかったので、正直一番不安でした。ところが、不安なことばかり考えていたことが馬鹿ばかしく思えるような子供達の参加意欲に、英語教育をしている、していないに関わらず幼児期の順応力のすごさを改めて実感する良い機会となりました。

 

サークルタイムを終えて、担任の先生が「あの後トイレにみんなで並んでいくときに、Walking Walking♪とサークルタイムで歌った英語の歌を子供達が口ずさんでいました!」と聞いたときに、飛行機と慣れない電車を乗り継いで行った甲斐があったなとしみじみ思いました。

 

幼児期というのは、大人のサポートが不可欠で、大人の方が能力的に優れていると思われがちですが、幼児期の言語吸収力は大人には到底かないません。たった一回の私のサークルタイムでも、英語にほとんど触れたことのない子供達がこれだけ積極的に参加してくれ、吸収してくれる様子を目の当たりにすると日本の幼児期における英語教育がもっと身近になり、当たり前のものとして定着していくように何かできることは無いかと考えさせられました。色々な課題が見えてきたような気がします。

 

最後になりましたが、ご協力くださったおひさま保育園月の浦保育園妙音沢もみじ保育園の関係者のみなさまありがとうございました。

 

 

告知: 4月22日、23日、29日に池袋にて留学相談会を行います

カナダにあるCOS留学サポートデスクのカナダスタッフが保育留学/就職相談会をします!

詳細、お申込みはこちらのページからお願いします! http://youjieigo.com/blog/2017/04/seminortokyo

MTI Community Collegeについて

 

今回はいつものアクティビティの紹介ではなく、私の母校でもあり、過去に多くの方のご紹介、ご入学手続きをサポートさせていただいている MTI Community Collegeについて記事にしたいと思います。

バンクーバーのダウンタウンや、郊外にいくつかのキャンパスを持ち、保育士資格取得の為のプログラムで人気がありましたが、 運営会社のKGIC Incが経営的に不安定な状況が続いているようです。 同様のプログラムを運営する学校を始め、複数の機関が学校の引き継ぎに興味を示していると言われていますが、 今後どうなるかについては現時点ではまだ不確定です。(2017年2月21日現在)

3月19日(日)無料留学相談会開催!! In 新宿

今回は、バンクーバーの語学学校Global Collegeのカウンセラー、Mifumiさんも一緒に相談会をする事になりました。

Global College はアットホームな雰囲気を保ちつつも、専門学校への準備コースも運営しており、COSからも多くの方が通われています。

また、バンクーバーでは数少ない、親子で通える学校でもあり、夏休みなどは特に大人気の学校です。

私はカナダに戻ったばっかりですので今回は、Mifumiさんと、COSカナダ留学サポートデスクのYukikoさんのお二人でご相談に乗らせていただく形となりますが、

親子留学や保育に関わる事など何でも聞いて下さい!

Mifumiさんの書いたブログはこちら!

http://tesolenglish.jp/how-to-study-english-3-methods/

  • 場所:新宿駅近辺を予定。確定後ご案内します。
  • 日程:3月19日(日)
  • 時間:11時~, 12時~, 13時~ ,14時~ ,15時~,16時~ ,17時~ ,18時~ (各45分)

お申し込みは、下記フォームからお願いします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メールアドレス確認用 (必須)

(確認のためもう一度ご入力ください)

相談会参加希望時間帯 (必須)

※基本的には、申込月の相談会へ申込されます。指定の月へ参加を希望される場合は、最後の「相談内容」へ記載して下さい。
第一希望:
第二希望:

相談内容(必須)

海外から学ぶ、日本の保育士さんに是非実施して欲しい”Show and Tell(ショーアンドテル)”

2045786221_8d8dd1f824_o

私は人前に出て喋るということが何よりも苦手です。保育士を目指して勉強していたカレッジの保育実習生時代も、3歳〜5歳児 相手のサークルタイム(先生主体で手遊びや歌を歌ったり、絵本を読んだりする時間)にガチガチに緊張したことを覚えています。幼児と言えども25人を目の前に緊張せずにはいられませんでした。私がカナダに渡って、はじめて行った語学学校でも、プレゼンテーションの時間が本当に苦痛でした。間違いの多い英語でも気にせず発表できる他国の生徒が羨ましくてしかたがありませんでした。間違った英語を喋ることの恥ずかしさ、そもそも人前に出るのが苦手ということからか、1番発言が少ないのが日本人でした。

生まれ持った素質や育ってきた環境など様々なので、一丸に日本人は人前で喋ったり、意見を言うことが苦手という風には言えませんが、私のように苦手意識を持っている日本人は多いのではないでしょうか。今回はコミュニケーション力を伸ばす教育という観点から、日本には無いカナダの教育”Show and Tell(ショーアンドテル)”をご紹介します。