保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

カナダ保育士の仕事探し!面接で聞かれることは・・・?

2日前にプリスクールの仕事面接を受けに行き、今日正式に雇用が決まりました!!!

Westcoast Child Care Resource Centreの求人募集を見て履歴書を送ったのが4月29日、面接の連絡を受けたのが5月13日。面接日は5月22日。

人生初の面接(以前働いていたデイケアは実習生として入り、そのまま雇ってもらったので就職面接という感じではなかったので)でドキドキしました。

部屋に入ると2人の面接官が迎えてくれました。

面接官「お水いる?」

私「あ。はい。今から喉が乾くことになると思うので・・・」

座って面接開始。

色々な質問を受けました。

すごく印象的だったのは、

「今日は、お互いのために一番いい方法を見つけるための面接だから」

という言葉でした。気持ちが少し楽になったところで

「何でここのプリスクールを選んだの?」

「前働いていたデイケアではどんな風に働いていたの?親との対応の経験は?」

「プリスクールではフィールドトリップがあるけど経験は?」

「自分を描写するとしたら?」

「保育施設で働く上であなたが思う自分の短所は?」

「カバーレターに実習生の指導の経験があると書いてありますが、生徒の指導はどうでしたか?」

などなど。。。結構いろいろ聞かれ。。。今のとこ覚えている質問はこのくらい。。。

教会の中にあるキリスト教のプリスクールなので、クリスチャンについても色々と質問されました。

以前の職場がキリスト教のデイケアだったので、そこで初めてキリスト教のお話や歌を習い始めたこと、同僚(私以外全員クリスチャンの先生)から学んだことなど話しました。

普段は、あまりしゃべる方ではないのですが・・・この日は頑張ってしゃべりました・・・

ラッキーなことに、以前働いていたデイケアの上司が

今回私が面接に行ったプリスクールを最初に立ち上げた人で・・・

しかもその上司の旦那さんはここの教会の牧師さんとして有名な方で・・・

と、2人からの最強リファレンスを頂けたということもあり無事仕事が決まりました。

リファレンスとは推薦状のようなもので、カナダで仕事を見つける際に必ず必要になります。

カナダで就職する際のコネクションの大事さを改めて実感しました。

プリスクールは9月から始まるので、始まったらプリスクールでの様子をブログにたくさんアップしますね!!

デイケアとの違いなどもアップできればいいなと思っています!

ポストグラジュエーションワークパーミット申請方法

post graduation.jpg

昨日、私の友達がボーダー(アメリカとカナダの国境)まで行きポストグラジュエーションビザを取ったので、彼女が質問された内容と書類などを忘れないうちに詳しくまとめたいと思います。

今回行ったボーダーはPeace Archと呼ばれる国境で

バンクーバーから一番近くにある国境です。(私が移民のランディングをした所と同じです。過去の記事)

 

<準備した書類>

学校の成績証明書(Transcript)  原本・コピー

学校の修了書(Certificate/Diploma) 原本・コピー

申込用紙(Application to Change Conditions, Extend My Stay or Remain in Canada IMM5710)

チェックリスト(Documento Checklist IMM5583)

パスポート 原本・コピー(パスポート顔写真のページ・一番最近のカナダ入国スタンプのページ)

ボーダーに直接行く方法以外にもオンラインで申請する方法郵送する方法があります。

 

今回はボーダーまで直接行って申請しました。(この方法だと行ったその日に発行されます。)

友達「ポストグラジュエーションビザを取りに来ました」

オフィサー「学校の期間は?」

友達「1年です」(準備した書類提出)

オフィサー「(学校の修了書や成績証明書に目を通しながら)ふーん。MTIね。申請料を払うときになったら呼ぶので座ってて下さい」

とりあえず椅子に座って待つこと約15分。

オフィサー「◯◯さーん」

友達「はい!」

オフィサー「お金を向こうで払ってきて下さい」

友達「お金払ってきました」

オフィサー「じゃあ、また座って待ってて下さい」

それから待つこと約15分。ビリッビリッと点線を切り取るような音が聞こえ・・・

オフィサー「◯◯さん。住所と電話番号の確認をさせて下さい」

友達「はい。この住所と電話番号で間違いないです」

オフィサー「では、今日の日付から1年間のポストグラジュエーションワークパーミットです。」

友達「ありがとうございます」

結局準備した書類は全部戻って来ました。

と、このような感じでものすごくスムーズにポスグラが取れました。

 

今回のオフィサーはあまり質問をしないオフィサーでしたが、私が取った時はもう少し質問が多かったような気がします。「学校はどこにあるの?何でここのボーダーに来たの?何で郵送にしなかったの?etc…」

保育施設で働くことを目的にポストグラジュエーションビザを取る場合には健康診断(カナダ政府指定の病院)を受けて行くことをオススメします。保育のカレッジや大学に入学するために受ける健康診断ですが、1年間のみ有効なのでポストグラジュエーションビザを取る時点では切れていることがほとんどです。今回は健康診断のことは何も聞かれず、スムーズに発行されましたが、別の友達のケースでは健康診断なしでは保育園や幼稚園で働く事ができるポストグラジュエーションビザは出せないと言われました。

ビザの判断はそれぞれ対応してくれるオフィサーに委ねられており、オフィサー次第でどうにでもなるというのがカナダのビザなので、どのオフィサーに当っても大丈夫なように万全の体制で望んで下さい!

今年もやります!カナダ保育施設実習の参加者募集!!

TYC poster copy copy.jpg

お知らせが遅くなりましたが

今年もSt. George International College(SGIC)とYoujiEigo.comのコラボレーション企画を実施します。

4週間:児童英語教育を英語で学ぶ


1週間:現地保育施設実習

これは、1人でも多くの人にカナダの生の保育現場を体験して頂きたいと思い企画したものです。英語が苦手という方でもチャレンジして頂けます!

3つのプログラムの開始日からお選び下さい。

①6月18日〜

②7月16日〜

③8月13日〜

 

 

<場所>

St. George International College バンクーバーキャンパス

<参加資格>

20歳以上の健康な方。犯罪歴のない方。

<参加費>

$2650(カナダドル) 日本円で約21万5千円

<参加費に含まれるもの>

・SGIC入学金

・授業料

・教材費

・保育実習先手配料

・ホームスティ滞在費・手配料

・空港ピックアップ

<含まれないもの>

・ビザ取得にかかる費用 (通常必要ありません)

・無犯罪証明書発行にかかる費用

・航空券

・現地交通費

・海外保険

・雑費

※プログラム終了時にはDiploma(修了証明書)が発行されます。

●カナダの保育現場を生で見たい!

●日本に帰って子供に英語を教えたい!

という方にオススメです。

興味のある方はメールでご連絡下さい。

1337040630_email_compose.jpg

日本に帰ってプリスクールに就職した私の友達

小学校・中学校・高校とずっと一緒。私が一番初めにバンクーバーに来たときも一緒。

とにかく何かと一緒だった私の友達が昨日バンクーバーに戻ってきました。

信じられないことに、バンクーバーに居る私の高校のクラスメイトが彼女を含め4人になりました!

(保育士つながりなのは彼女一人ですが)

日本からはるばる遠くカナダで、しかもバンクーバーという1都市に4人もクラスメイトがいるこの心強さ。

本当、何ものにも代えがたいですね。

彼女の経歴を少し・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4年生大学で幼児教育を勉強

カナダ留学2年半(語学学校+コミュニティーカレッジEarly Childhood Educationを勉強)

日本に帰国

プリスクールでネイティブの先生と2人担任で3〜4歳の子21人のお世話

3年間働いた後、ワーキングホリデービザでカナダへ戻る

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の保育士・幼稚園教諭・カナダのECE免許を持っている、保育士としては理想的な経歴なのに

突っ込みどころ満載な昔からいじられキャラの友達です。

今回カナダへ来たのは、日本のプリスクールで外国人の先生と働く中でカナダに戻りたいという気持ちが強くなったということと、資格更新のためだそうです。

これから1年間はバンクーバーに居る予定なのでブログでも紹介しますね!

日本にあるカナダ大使館の査証部が閉鎖へ

またまた大変なことになりました。。。

本日、平成24年5月1日付けで在日カナダ大使館の査証部が閉鎖されることになりました。

ビザ申請や移民申請などが在日カナダ大使館では一切できなくなったので、代わりに全ての査証業務がフィリピンのカナダ大使館で行われることになります。

ビザ申請にさらに時間がかかるようになるかもしれません。。。

詳しくはこちらまで↓

在日カナダ大使館