保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

日本とカナダ:バレンタインデーの祝い方の違い

valentine tree  valentine bags

もうすぐバレンタインデーですね。私のデイケアでも今週はバレンタインテーマです。左の写真はGoodness Treeと名付けられた木で、子供達が何かいい事をしたときにハートの紙に子供の名前とその子がした良い事を書いて木に貼っています。この木のお陰で、いつもよりもお片づけを頑張ったり、友達に優しくしたり出来ているようです。いつもより子供の良い所を探して紙に書き出すことで先生も子供の良い所をたくさん見ることが出来、また子供達の自信にもつながるので、クラス自体がいい雰囲気になっています。子供の良い所を褒めてあげることは教育の上でとっても大事なので、ひとつも見逃さないように私も頑張っています。

右の写真はバレンタインを入れる袋です。日本ではバレンタインデーと言えばカップルや片思いの人のための日という印象が強いですが、カナダ(ノースアメリカ)ではバレンタインの祝い方が違うようで色々な人に感謝をする日です。カップルや片思いの人のための日というだけでなく友達に感謝する日なので、みんなそれぞれカードを作ったり小さなキャンディーを添えたりしたものを友達の名前の書かれた袋に入れます。それぞれがお互いの好きな所を書きあったり、ありがとうの言葉を伝えたり、あなたのことが大切だよという事を伝えます。たくさんのバレンタインが袋いっぱいになるのが楽しみです。

Kids Booksワークショップのお知らせ

kidsbooks workshop

私のおすすめKids Booksワークショップが2月16日にあります。バンクーバーで保育士されている方なら是非是非参加してほしいワークショップです。

最初の1時間でおすすめ本の紹介や説明をして頂いた後は自由に店内をまわって本選びが出来るという楽しいワークショップです。(15%オフで本が買えます。)

去年も一昨年も参加して大満足だったので今年も参加しようと思っています。

場所:Kids Books(3083 West Broadway, Vancouver)

日時:2月16日 6時半~8時45分

参加費:20ドル

2月11日までに申し込んで下さい。番号は604-709-5661

 

ワークショップ後に、紹介されたオススメ本をブログで紹介しますね!

カナダで保育士として働きたい方へ!移民を考えている方へ!GOOD NEWS!!!!

2月1日、新しいビザの変更がありました。

ポストグラジュエーションビザと呼ばれる就労ビザがあるのですが、今までは公立の大学、短大を卒業した生徒に限り、卒業後にポストグラジュエーションビザを取得でき実際に働くことが可能でした。しかし、ほとんどのECE(保育士)ライセンス取得の為のプログラムは私立でありこれにあてはまりませんでした。

私が卒業した4年前は状況により取れる可能性もある、というグレーな感じだったのですが、今回の発表で正式に取れることが決まりました。

学校卒業、免許の取得後、就労ビザの問題で就職が決まらなかったという理由で帰国された方もいましたが、このシステムを使うと、学校卒業後1年間 の就労ビザが出るため、就職にいっそう有利になりますし、またその1年間の就労経験を使って、永住権取得もさらにしやすくなります!

海外の保育に興味があり、実際に勉強、就職したい方は直接ご連絡くださいmailtonao@youjieigo.commailto
お手伝いします。

海外日本人保育士をもっと増やしましょうhappy02

野菜嫌いの子でも野菜を楽しく食べられるアクティビティー

kids fun activity food  DSC08529.JPG

DSC08525.JPG  DSC08524.JPG

私のデイケアに実習に来ている生徒がすごくいいアクティビティーをしていたので紹介します。

<用意するもの>

・パン

・野菜(ミニトマト・きゅうり・グリンピース・にんじん・チーズetc)

・マーガリン

野菜・チーズを細かく切ったものをお皿に入れ、それぞれのテーブルに用意し、子供達に一枚ずつパンを配ります。あとは好きなように好きな材料をのせて、出来あがった子からスナックを食べるというアクティビティーです。子供達は楽しそうにパンの上に顔を作って食べていました。カナダの子供達は日本の子供達に比べ、生野菜を抵抗なく食べるのですが(私のクラスの女の子は皮をむかれた状態の生のニンジン1本丸ごとランチに持って来て食べていました。”切ろうか?”と聞きましたが”No, thank you”という答えが返ってきました。日本の子供達では考えられない。。。)今回も子供達の食べっぷりには驚きました。みんな美味しそうに食べていたので自分たちで作ったスナックの味は格別だったようです。

海外保育サイエンス:塩・こしょう・砂糖を氷にのせて実験

science for preschooler  DSC08523.JPG

<準備するもの>

・砂糖

・こしょう

・塩

・氷

・氷を入れる容器・塩・こしょう・砂糖用の容器3つずつ

今日はサークルタイム中に実験をしました。氷をそれぞれの容器に入れたもの、塩・コショウ・砂糖を準備し、子供達には何も言わず私が用意したものが何かを当ててもらい実験をスタートしました。5歳児の子は、見た目から塩と砂糖を見分けていました。まず最初に、どの氷が早く溶けると思うかを予想してもらい表にしました。実際に塩・コショウ・砂糖を氷の上に置き、10分くらい待ち(その間に絵本を読みました。)結果を見ました。多くの子供達の予想どおり塩と砂糖をのせた氷は早く溶け、コショウをのせた氷はほとんど溶けていませんでした。最後に、”今日の実験から何がわかったか?””冬になって地面を凍らせないためには何をしたらいいと思うか?”を話しあい実験を終了しました。

前にも紹介しましたが、身近なもので出来る幼児用の簡単なサイエンスアクティビティーがたくさん載っているサイトがあるのでチェックしてみて下さい。

http://www.scienceworld.ca/preschool