保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

保育に関連した留学のメール相談受け付けています

カナダへ留学を果たし、幼児英語を習得したNAOの送る。幼児英語教育者のためのサイト

大人の心に響く英語絵本

it's ok to be different.jpgIt's Okay to Be Different 

It's okay to have a different nose
鼻の形が違ってもいいんだよ!

It's okay to be embarrassed
恥ずかしがってもいいんだよ!

It's okay to talk about your feelings
嬉しい、悲しい、怒っている。自分の感情を言ってもいいんだよ!

It's okay to need some help
助けて欲しいって言ってもいいんだよ!

It's okay to have different Moms
色んなママがいてもいいんだよ!

It's okay to have different Dads
色んなパパがいてもいいんだよ!
(同棲愛者でママまたはパパが2人いてもいいんだよ!!)

肌の色が違ってもいいんだよ!

イラストもカラフルで子供の目を引くと同時に色々なIt's OKがでてきてすごく深く、素敵な私が大好きな絵本の1つです。子供のための絵本というより大人の心に響く1冊なのかもしれませんね。

カナダと日本の保育料の違い

family.jpg

カナダのバンクーバーに住む家族は多くの人が共働きです。そのため、多くの子供たちはデイケアに行くか、ナニー(ベビーシッター・ケアギバー)と過すことになります。
ところが、月額の保育料はすごく高く、毎年毎年上がっています。


WESTCOAST FAMILY INFORMATION & REFERRAL FEE SURVEY December 2008によると

バンクーバー市の月額保育料

乳児 (6週間-18か月):平均$965(約85000円)
幼児(19か月-3歳児):平均$916(約81000円)
幼児(3-5 歳児):平均$838(約74000円)

※低収入の家族には補助金が最大$550(約48000円)出ます。

日本の保育費にかかる費用は公立なら15000円~20000円程度
私立でも35000円~40000円程度(地域によっても異なりますが・・・)

日本の保育料に比べると結構な値段ですよね。
こういうわけで、子供が2人以上いる家庭などではナニーを雇う人も少なくありません。

 

カナダ(バンクーバー)幼稚園・保育園一日の流れ

child-care-pic1.jpg

私のデイケアの1日

~午前中~

7:30  オープン(子供たちは自由に遊ぶ時間)
9:40  お片づけ+お手洗いの時間
9:45  スナック
10:00 外で遊ぶ
11:00 サークルタイム
11:30 お手洗いの時間
11:45 ランチ

~午後~
12:30 お昼寝
1:30  寝ない子は静かに遊ぶ
2:15  子供たちを起こす+自由に遊ぶ
2:40  お片づけ
2:45  お手洗い+スナック
3:00  午後サークルタイム
3:15  外で遊ぶ
4:00  お手洗い+自由に遊ぶ
6:00  デイケア閉まる

※子供達は好きな時間に登園します。

朝にある30分間のサークルタイムと午後の15分のサークルタイムは子供たちの勉強の間です。先生は、毎週変わるテーマにそって、歌、ムーブメント、ゲーム、絵本、詩などなど。。。を使い、子供を飽きさせないように、上手く勉強させます。

英語のうた(カエル)”Five Green and Speckled Frogs”

Five Green and Speckled Frogs

Five green and speckled frogs

Sat on a speckled log

Eating some most delicious bugs

YYYYUUUUMMMM YYYYUUUUMMMM

One jumped into the pool

Where it was nice and cool

Then there were Four green and speckled frogs

GGGGLLLLUUUUBBBB GGGGLLLLUUUUBBBB

※(5.4.3.2.1.と数を減らしていってください.)

 

5 Green and Speckled frogs私が普段この歌を歌うときに使っているカエルです。

フェルトボードにカエルを貼って、数を数えさせながら歌を歌っています。

最後の”GLUB GLUB”は子供たちの大好きなパートなので忘れないように歌ってください。

日本とカナダの絵本の読み方の違い

hungry caterpilar.jpg

日本とカナダ両方で保育士の経験がある友達と話していたときに聞いた、絵本の読み方に関してとても興味深い話・・・

保育士のみなさん(小さな子供がいらっしゃる親御さん)はどのように子供に絵本を読んで聞かせていらっしゃいますか?

英語が第二言語の日本人の私が、カナダで保育士としてネイティブの子供達を絵本に引きつけるのには結構苦労しました。

いま私が実践しているのは

なるべく絵本の情景が目に浮かぶように風の音を口で出したり

会話の部分では声を変えてみたり

強弱をつけてみたり

子供達が理解しているか確かめるために色々と質問を混ぜてみたり

なのですが、紙芝居がある日本では絵本で感情を込めるのは間違っていると唱える児童文学者もいらっしゃるみたいです。

紙芝居では”芝居”なので感情を込めて読み、絵本では子供の想像力を養うためにも感情は抑えて読む。

カナダでは、絵本の途中にも”この先の展開がどうなっていくと思う?”といった質問を交えながら子供も一緒に参加させて絵本を読むのいがいいとされているので、この考え方は想像もつきませんでした。

子供たち大勢の前で絵本を読む際の本の持ち方にも違いがあるようなので、また次回紹介したいと思います。